メダカの飼い方.com

メダカの飼い方

メダカと暮らす

メダカ

メダカの魅力と飼育

日本に生息するメダカは私たちにとっては最も馴染み深い魚で、体長はわずか3〜4cm程度しかなく、日本に生息する最小の淡水魚として知られています。

メダカは山奥の限られた場所や湖などの深い場所に棲むような魚ではなく、里山を流れる小川や田んぼなど、水があり人が暮らしているような場所でも普通に見られる種類の魚でした。

そのことがメダカを日本人なら誰でも知っている有名な淡水魚にしたのでしょう。

昔からメダカはその小ささ故に経済的な価値はほとんどなく、そのお陰で乱獲される事もなく、かといって大切に保護されていたこともありません。

ただ単にいつも私たちの周りの水辺で普通に暮らしていた魚だったのです。

しかし、我が国の急速な経済成長に伴って行われた都市開発などにより、自然の川や田んぼなどのメダカの生息環境そのものが奪われてしまい、その結果、日本各地で都市化が進んだ場所ではメダカ達がいつの間にか姿を消してしまったのです。

しかし、今でも都市開発があまり進んでいない地方に足を伸ばせばメダカにとっては欠かせない生息環境となる小川や田んぼなどの良好な水辺環境がまだ多く残っています。

そのためそのような場所では野生のメダカがたくさん生息しており、決して珍しい魚ではないのです。

もちろん、昔と比べれば日本全体ではメダカは確実に減っていますが、姿を消したのは主に都市部での話なのです。

数年前に話題になったメダカへの絶滅危惧種の指定も絶滅が危惧されている国内の一部の個体群に対する指定であり、日本各地にいる全てのメダカの絶滅が危惧されているわけではありません。

それでもやはり自然と見かけることが少なくなったメダカにどこか懐かしさを感じ飼育をはじめる方も多いようです。

メダカ

メダカは小さいながらも丈夫で飼いやすい淡水魚として古来より親しまれてきました。水草の影から顔を出す愛くるしさ、気がつくと稚魚が泳いでいたりする感動。

そんなメダカの魅力を感じられる心安らぐアクアライフを求め、メダカと一緒に小さな水辺を楽しむ暮らしをはじめてみませんか?

PR

メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカ

    メダカの雑学

  • メダカの品種固定率とは
  • 野生のメダカがいる場所
  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • メダカの屋内飼育と屋外飼育
  • 野生のメダカの餌と屋外飼育の関係
  • 白メダカやアルビノの誕生
  • メダカの体型による混泳の可否