メダカを元気に育てる水質管理 メダカの飼い方.com

メダカを元気に育てる水質管理

メダカを元気に育てる水質管理

メダカの飼い方.com>>メダカを飼う>>メダカを元気に育てる水質管理

メダカメダカを飼育する際に一番大切なことはきちんとした水質を維持してあげることです。メダカに限らず水中で生活している生物を飼育する場合、彼らにとって体を取り巻く環境そのものである水の状態は元気に育つことが出来るかどうかに大きく影響してきます。


小川や田んぼなどで採集してきた野生のメダカであってもアクアリウムショップなどで購入したメダカであっても飼育の為に用意した水の状態がそれまでの環境の水質や水温と大きく異なればショックを起こしてしまうこともあります。

メダカは基本的には水質や環境の変化に対して強い魚ですので熱帯魚などと比べても多少の水質悪化には耐えてしまう面があります。

しかしやはり小さな魚ですし、卵を抱えているメスや生まれたばかりの稚魚などの場合、水質の悪化により相当なストレスとなってしまうこともありますので、そのような状況にならないように日頃からの日常管理をしっかり行っていきましょう。

日常管理を怠れば水槽内では水質は徐々に悪化していき見た目には同じように見えても、目には見えないメダカにとって有害な物質がたまり、メダカにとってすみにくい水に変わっていってしまいます。ですので定期的に水換えを行ってメダカが健康でいられるよう水質を維持してあげる必要があるのです。


新規導入時の水質管理

メダカの飼育をはじめる為にまずは水を用意しますがメダカの飼育水として使用する水は水道水をバケツなどに入れて1日汲み置きしたものか中和剤で塩素を中和した水を使うようにしましょう。

このような作業を一般的にカルキ抜きなどと言いますが水道水には消毒用に微量の塩素が含まれており、人にとっては全くの無害なのですがメダカにとっては良いものでは無い為にカルキ抜きを行うのです。

井戸水は塩素などの消毒剤が入っていないため、そのまま飼育水として使用することができますが地域によって様々な水質がありますので飼育水に使用する前に水質チェックはしておいたほうよいでしょう。

カルキ抜きをamazonで購入
カルキ抜きを楽天で購入

出来るだけ飼育水を汚さない世話

水質を維持していく上で大切な事は水を汚さない事です。その為に水が汚れる原因を極力減らしてあげる必要がありますがまずは餌の量です。

メダカ飼育の中で餌を与える時間は楽しいものですのでついつい沢山与えたくなってしまいますが必要以上に与えられた餌は食べ残しとなり水槽内の水質を著しく悪化させてしまいますのでメダカがしっかり食べきれる量を見極めて餌を与えるようにしましょう。

他にも水質を悪化させる原因にはメダカの糞があります。餌を食べれば必ず糞をするのは仕方ありませんがこの糞をそのまま放置するよりも定期的な水換えで排出してあげるほうが水質は維持しやすくなります。

水槽内では食べ残しもメダカの糞も沈殿していき水槽の底の方に溜まっていきますので水換えの際には水面近くの水を救うよりも底の方の水をくみ出したほうがいいのです。

方法としては水換え用のクリーナーなどが販売されていますのでそのようなものをうまく利用して底の方の水を静かに吸い出すようにしてください。

たまに水換え時に水槽内をかき混ぜてしまう方がいるようですが水槽内に沈殿した有機物はかき混ぜてしまうと水槽内に広がり、コケなどの発生原因にもなりますので出来るだけかき混ぜないようにして吸い出してください。

水槽クリーナーポンプをamazonで購入
水槽クリーナーポンプを楽天で購入

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 0から始めるメダカ飼育特集
  • 誰でも始められるビオトープ特集
  • メダカの産卵床に!浮草特集

    前の記事>>メダカを元気に育てる餌選び
    次の記事>>メダカと混泳できるタンクメイト


    関連記事

  • メダカを飼う準備
  • メダカの飼育方法は様々で水槽で飼育する方法、小さな金魚鉢で飼育する方法、玄関先や庭などでスイレン鉢や池などで飼育する方法など生活>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理方法がありますのでその辺を>>続きを読む


  • ボトリウムでメダカを飼う為のコツ
  • 机上の小さな小瓶などで飼育を楽しむことができるのもメダカ飼育の大きな魅力の一つと言えます。「ボトリウム」そんな言葉がいつしか当たり>>続きを読む


  • メダカ飼育ボトリウム長期維持のコツ
  • 小瓶などのボトリウム(ボトルアクアリウム)でのメダカ飼育は初心者でも「簡単に始めやすい」、しかし世話を怠ると「簡単に終わりやすい」>>続きを読む


  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小さく丈夫で飼いやすいという面から様々な飼育方法が選択できますが水槽で飼育する方法はその中でも一番初めやすく管理しやすい方>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレンジして頂きたいものです。>>続きを読む


  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカは自然環境下では動物性プランクトンや植物性プランクトン、ボウフラなどの小さな昆虫類など餌の選り好みをほとんどせずに様々なもの>>続きを読む


  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • 混泳させる魚は同じ日本に棲息する淡水魚でも熱帯魚でも大丈夫ですがあまり華やかな熱帯魚と混泳させてしまうとメダカの素朴な魅力とのギャ>>続きを読む


  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカと水草の相性は抜群ですので室内に設置したメダカの飼育水槽では水草をたくさん植えて育てることをお勧めします。メダカが泳ぐ水槽内>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクアリウムに詳しくない人でも一度>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    メダカの雑学

  • メダカの品種固定率とは
  • 野生のメダカがいる場所
  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • メダカの屋内飼育と屋外飼育
  • 野生のメダカの餌と屋外飼育の関係
  • 白メダカやアルビノの誕生
  • メダカの体型による混泳の可否

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ