メダカが産卵したらどうすればいい メダカの飼い方.com

メダカが産卵したらどうすればいい

メダカが産卵したらどうすればいい

メダカの飼い方.com>>メダカの繁殖を楽しもう>>メダカが産卵したらどうすればいい

メダカメダカの繁殖行動から産卵が確認出来たら稚魚が生まれてくるまで非常に待ちどおしい期間となりますが、ここでやっておかなければならないことがあります。

まずは折角生まれた卵が食べられてしまわないように守らなければなりません。と言うのも意外かもしれませんがメダカは卵が好物なのか見つけると食べてしまうのです。


自然の田んぼや小川などでは広大な広さ故に産み落とされた卵はなかなか他のメダカに見つかることは無いのですが水槽のような限られた空間ではどうしても卵は見つかりやすくなってしまいます。

屋外の池やビオトープで生まれた卵は水生植物に守られている事が多いのですが水槽など限られた空間でメダカを飼育している場合、産み付けられた卵の周りをメダカが泳ぎまわりますのでどうしても見つかりやすくなってしまいます。

また屋外飼育では室内の水槽よりもプランクトンなども多く発生する為、餌の量も豊富になるので卵を食べなくても代わりの餌があるのも卵が守られる理由の一つです。

それでは室内飼育において卵を守る為にはどうしたらいいのでしょうか?

一番安全な方法は卵が産み付けられた水草などをメダカの飼育水槽から取り出して他の水槽で管理する方法です。

この場合、卵が食べられることは無くなりますが繁殖の為にもう一本水槽を用意しなければなりません。水槽とまで言わなくても何か代わりの容器を用意して管理する事になりますがこの時の注意点として飼育水槽と同じような環境を維持してあげることです。

注意しなければいけない点が小さなガラス瓶などに卵を入れてしまう方などがいますがあまり水量の少ない容器ですと水質が悪化しやすくなります。

卵の中ではメダカの赤ちゃんが泳いでいると思ってください。そうなると常に新鮮な水であり、酸素が豊富にあることが求められますので定期的な水換えやエアレーションをしっかり行い水質維持に努めましょう。

飼育水槽から卵を取り出さないで守る方法と言えばパーテーションによる仕切り方法で水槽内にパーテーションを取り付け、卵をメダカから一時的に隔離するようにします。このような方法ですともう一本水槽を用意する手間や費用はかからなくなるうえ、水質も維持しやすくなりますので得策と言えるでしょう。

しかしメダカはかなり小さい淡水魚ですのでパーテーションの隙間から卵のエリアに入ってきてしまうこともありますので完全に卵を守れるとは言い切れませんがそれでもパーテーションを取り付けないよりは卵を守れる可能性は高くなると言えます。

また、産卵箱や産卵ネットなどと呼ばれるものもあり、メダカの稚魚や卵を一時的に隔離して飼育することのできるものもありますのでこのようなアイテムを上手く活用すると稚魚の生存率を飛躍的にアップします。

産卵箱をamazonで購入
産卵箱を楽天で購入

産卵ネットをamazonで購入
産卵ネットを楽天で購入

さらに浮き草やウィローモスなどの水草を多めに入れてあげるのも細かい水草が卵を隠す役割となって他のメダカに見つかりにくくなります。

メダカと相性のいい水草をamazonで購入
メダカと相性のいい水草を楽天で購入


卵の孵化と水温の関係

メダカの卵が孵化するまでの期間は水温と密接な関係があります。基本的には水温が高ければ孵化までの期間が短くなり、水温が低いと長くなるのですが昔からよく目安として250℃と言われています。

これはメダカの卵が産まれてから孵化するまでの毎日の水温を足して250℃になったら孵化がはじまると言うものです。つまり水温を25℃に設定していれば10日で250℃になる訳ですので10日間で孵化がはじまるということです。

ただ水温が高ければ高いほどよいわけではなく30℃を超えてくるような高水温では卵の成長が途中で止まってしまったり、奇形魚の生まれてくる発生率が高くなりますので夏場などの水温管理には注意してください。

もちろん孵化に関係する条件は水温だけでは無いのですが稚魚が生まれてくるまでの目安としてみてはいかかでしょうか。

毎日卵を観察していると稀に白く濁った感じになってしまう卵がありますがこれは無精卵か死んでしまった卵で白く濁ってしまう原因は水カビです。

この水カビの生えてしまった卵をそのまま放置しておくと健康な他の卵にもうつってしまう可能性がありますのでそのような死んでしまった卵を見つけたらスポイトなどで取り除くようにしましょう。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 0から始めるメダカ飼育特集
  • 誰でも始められるビオトープ特集
  • メダカの産卵床に!浮草特集

    前の記事>>メダカを殖やすには
    次の記事>>メダカの卵を観察しよう


    関連記事

  • メダカを殖やすには
  • メダカ飼育の大きな楽しみの一つに繁殖がありますがメダカは淡水魚の中でもかなり、繁殖力の強い魚ですので条件さえ整えば意外と簡単に>>続きを読む


  • メダカの卵を観察しよう
  • 屋外の睡蓮鉢やビオトープなどでの産卵となると毎日じっくり観察するのは難しいかもしれませんが室内での水槽飼育などでしたら生まれた>>続きを読む


  • メダカの稚魚の育て方
  • 孵化直後の稚魚は体長4ミリメートルほとで水面付近の浮き草などの陰に寄り添うように浮かんでおりまだ泳ぎまわる感じではありません。>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する個体が現れ出し、さらに水温が20℃>>続きを読む


  • メダカの稚魚は隔離するべきか
  • 飼育しているメダカがはじめて産卵し、稚魚が生まれた時などはメダカ飼育の中でも特に嬉しい出来事のはずです。そんな可愛いメダカの>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    メダカの雑学

  • メダカの品種固定率とは
  • 野生のメダカがいる場所
  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • メダカの屋内飼育と屋外飼育
  • 野生のメダカの餌と屋外飼育の関係
  • 白メダカやアルビノの誕生
  • メダカの体型による混泳の可否

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ