屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

メダカ室内でメダカを飼育する場合には水槽や金魚鉢のような容器が一般的です。

室内飼育では鑑賞目的重視の為、おしゃれな感じやインテリア性が求められますので、透明な水槽や金魚鉢はそのようなニーズにマッチした容器と言えるでしょう。

では、屋外でのメダカ飼育ではどのような容器がおすすめなのでしょうか?

屋外飼育という室内飼育とは違った環境で使いやすいおすすめの容器をご紹介致します。


メダカ飼育の容器の種類

メダカを飼育できる容器にはいろいろ種類のものがあり、小さなものではペットボトルやグラスから金魚鉢、水槽、発泡スチロール、プラケース、睡蓮鉢、トロ舟、池まで様々です。

要するに水が溜められるものであればメダカは飼育できるのです。

しかし、長期的な飼育や屋外という環境を考えるとおすすめできない不向きな容器もありますので、その理由も含めてご紹介致します。

ペットボトルやグラスでの屋外飼育

ペットボトルやグラスは小さくてコンパクトなので、どこにでも置けるうえに費用もほとんどかからないので一番始めやすい飼育方法ですが、屋外飼育ではあまりお勧めできません。

その理由は水量が少ない為、水質が悪化しやすいことと水温の変化が激しいことです。

いくらメダカが小さくてあまり水を汚さない魚であっても、四季の温度変化をまともに受けるような屋外では水量の少なさは致命傷になります。

夏には異常な高水温と蒸発による水量低下、冬には凍結の心配もあります。

水槽や金魚鉢での屋外飼育

室内では使い勝手の良い水槽や金魚鉢。屋外飼育でも同じように使えるのでしょうか?

確かに水量という点では水槽は問題ありませんので屋外飼育でも使用可能です。

ただ、屋外では直射日光をまともに受けるとコケ(藻)の大量発生に見舞われることがあります。

横からも鑑賞できるというメリットが屋外ではデメリットとなり、水槽の上だけではなく全面から光が入る為、コケに見舞われやすくなるのです。

また、ガラスの性質上、外気の影響を受けやすいので夏は水温が上がりやすく、冬は冷たくなりすぎるといったメダカには過酷な環境となってしまいます。

よって水槽や金魚鉢での屋外飼育は可能ですが、少々難ありと言わざるを得ません。

発泡スチロールでの屋外飼育

発泡スチロールはメダカの屋外飼育において非常に都合の良い容器です。

発泡スチロールはガラス水槽や金魚鉢と違い、保温性に優れている為、外気の影響を受けにくく、水温の変化が少なくて済みます。

また、周囲が覆われているので、メダカが安心できることと、周りからの外部光を遮断できるので過剰な日光を取り込まなくて済みます。

発泡スチロールのデメリットは見た目が良くないことと経年劣化が早いことでしょう。

機能性は抜群なのですが、やはり発泡スチロールなのでインテリア性は望めません。また、屋外の過酷な環境では徐々に劣化してしまうので数ヶ月(数年)に一度は交換を余儀なくされます。

睡蓮鉢での屋外飼育

発泡スチロールの機能性に負けず劣らずの機能性を備えながら、インテリア性と丈夫さを兼ね揃えた容器が睡蓮鉢です。

睡蓮鉢は名前の踊り、睡蓮を育成するときに使う大きな水瓶のような鉢です。

そこにメダカや水草を入れて小さなビオトープを作成することで、水質が安定すると何年にも渡って庭に小さな水辺を作り上げることができます。

このように外気の環境に影響を受けやすい屋外では、飼育容器の特性を考慮することも大切なこととなります。


関連記事

  • メダカの品種固定率とは
  • ネットショップなどで珍しいメダカを見ていると固定率と言った表記を目にすることがあります。このメダカの固定率とはいったいどの>>続きを読む


  • 野生のメダカがいる場所
  • 野生のメダカは体長が4cmほどしかない国内最小の淡水魚です。そのため自然界ではメダカを取り巻く環境において非常に非力な存在と言>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽のサイズに対するメダ>>続きを読む


  • メダカの屋内飼育と屋外飼育
  • 熱帯魚飼育や海水魚飼育などではあまり検討項目にあがらない内容ですがメダカ飼育に対しては飼育をはじめる際に屋内で飼育をするか、>>続きを読む


  • 野生のメダカの餌と屋外飼育の関係
  • 野生のメダカは自然界でどのような餌を食べているのでしょうか。野生のメダカは主にミジンコなどの動物性プランクトンを主食とし、蚊>>続きを読む


  • 白メダカやアルビノの誕生
  • 白メダカやアルビノメダカなどは野生の黒メダカとは全く真逆な色合いをしているメダカと言えますがこのようなメダカはどのように誕生>>続きを読む


  • メダカの体型による混泳の可否
  • メダカ飼育において様々な品種のメダカを混泳させることは可能なのでしょうか?色合いの違いや体型の違いなど見た目の違う品種をたく>>続きを読む


  • メダカ飼育夏場の高水温と酸欠対策
  • 自然の中で生息しているメダカにとって一番過酷な季節はじっと寒さに耐える冬ですが、人工的な環境で飼育されているメダカにとって一>>続きを読む


  • 金魚鉢でメダカを飼う際の適正数
  • 金魚鉢でメダカを飼う時に何匹位の数のメダカを入れるのがいいのか?金魚鉢では実際に何匹のメダカが飼えるのか?金魚鉢でのメダカ飼>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ