初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング

初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング

メダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング

メダカの卵メダカの卵は水槽などの飼育環境では、産まれてすぐ人の手で取り、隔離して育てたほうが生存率が高まります。

メダカの卵を取る理由や初心者でもできる簡単な取り方・取るタイミングなどをご紹介いたします。


メダカの卵を見つけ次第取る理由

メダカが産卵を行うとメスのお腹に卵をぶら下げたままの状態でいることをよく見かけます。

メスはその後、水草の陰などに卵を産み付けますが、卵はそのまま放置するよりも人為的に取り、隔離して育てたほうが生存率が飛躍的に高まります。

その理由の一つは卵が食べられてしまうことを防ぐことができるからです。

メダカは卵を餌として認識してしまうようで、見つけ次第食べてしまいます。

それは親のメダカであっても同じことで、自分で産んだ卵でさえ食べてしまうのです。

よって水槽のような閉鎖的空間でメダカを繁殖させる場合には、いかに親のメダカたちから卵を守るかが繁殖を成功させる鍵にもなります。

他にも水カビから卵を守るという点においてもメリットがあります。

メダカの卵の簡単な取り方

メダカは水草や浮き草などに卵を産み付けますので、産卵が近づいたら水草や浮き草、または人工産卵床などを浮かべておくことで産卵床として利用させることができます。

卵が産まれたらそのまま水槽から水草と一緒に卵を取り出し、隔離する方法が一番簡単な卵の隔離の仕方です。


メダカの人工産卵床

Amazonで購入
楽天市場で購入


しかし、水草などに産み付けずにメスがお腹に抱えている姿を見つけたらどのように取ればいいのでしょうか。

そのような場合でも、取り方がわからないからと言ってそのままにしておくと他のメダカに卵を食べられてしまうこともありますので、すぐに取ってあげましょう。

綿棒やハケを使った卵の簡単な取り方

卵を抱えているメダカを見つけたらまずはネットで優しく掬いあげます。

浅い容器に水槽の水を汲み取り、そこにネットごと入れ、扱いやすいようにします。

メスのお腹から卵にかけてハケや綿棒などを使い、削ぎ取るように優しく擦ると思っている以上に簡単にお腹から卵は取れるはずです。

この時にも注意が必要で、人の体温は36℃くらいあるものですが、メダカはもっと低い体温をしています。

その温度差がメダカにとっては負担となってしまいますのでメダカに手で触ることは出来るだけ避けるようにします。

お腹から取れた卵は卵糸と呼ばれるベトベトした糸のようなもので繋がっていますので、その卵糸からもピンセットなどを使い外すようにします。

卵糸は卵が水草や流木などにくっつきやすいように卵の周りにまとわりついているものですが、そのままつけておくと水カビなどが生えやすくなりますので取り除くようにします。

卵は生まれた状態では卵糸によって纏められていますが、まとまったまま育てると育成途中に一つでも卵がカビに侵されてしまったときなどに感染のリスクが高まります。

よって卵一つ一つをバラバラにして管理するようにすると水カビの被害を最小限に抑えることができるのです。

卵を取るタイミング

メダカの卵はメスが産卵した後にオスが受精して初めて受精卵となります。

そのような仕組みから卵の隔離が早すぎるとまだ受精していないのでは?というような疑問や不安を抱くこともあるかもしれません。

しかし、そのような心配はいりません。メダカの受精は産卵と同時に行われますので、飼育者が卵の存在に気がついた時には産卵行動はすでに終了しています。

よっていくら時間をかけても無精卵は無精卵のまま、受精卵は受精卵なのです。

このような理由から卵は見つけ次第取っても全く問題はありません。

逆に先延ばしにすると気がついた時には卵が無くなっている可能性の方が多くなってしまいますので気をつけましょう。


関連記事

  • メダカを殖やすには
  • メダカ飼育の大きな楽しみの一つに繁殖がありますがメダカは淡水魚の中でもかなり、繁殖力の強い魚ですので条件さえ整えば意外と簡単>>続きを読む


  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの繁殖行動から産卵が確認出来たら稚魚が生まれてくるまで非常に待ちどおしい期間となりますが、ここでやっておかなければなら>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する個体が現れ出し、さらに水温が20℃>>続きを読む


  • メダカの卵を観察しよう
  • 屋外の睡蓮鉢やビオトープなどでの産卵となると毎日じっくり観察するのは難しいかもしれませんが室内での水槽飼育などでしたら生まれ>>続きを読む


  • 水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え
  • 初めてメダカの卵を育てる方必見!メダカの卵を育てるのに水道水を使っても大丈夫?その理由は?メダカの卵は水換えが必要?メダカの>>続きを読む


  • メダカの卵が白い⁉︎カビ?原因と手遅れにならない為の対策
  • メダカの卵がなんだか白い・カビ?透明感がなくなってきた?そんなメダカの卵の成長におけるトラブル対策としてカビの原因や予防対策>>続きを読む


  • メダカの卵が孵化しない⁈孵化までの日数や孵化直前の様子とは
  • 初めてのメダカの産卵。ドキドキとワクワクで稚魚が生まれてくるのを待ちわびていても、なかなか卵が孵化しない?メダカの卵って何日>>続きを読む


  • メダカの稚魚の育て方
  • 孵化直後の稚魚は体長4ミリメートルほとで水面付近の浮き草などの陰に寄り添うように浮かんでおりまだ泳ぎまわる感じではありません>>続きを読む


  • メダカの稚魚は隔離するべきか
  • 飼育しているメダカがはじめて産卵し、稚魚が生まれた時などはメダカ飼育の中でも特に嬉しい出来事のはずです。そんな可愛いメダカの>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ