メダカが卵を産まない理由・原因から考える産卵をさせる方法

メダカが卵を産まない理由・原因から考える産卵をさせる方法

メダカが卵を産まない理由・原因から考える産卵をさせる方法

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>メダカが卵を産まない理由・原因から考える産卵をさせる方法

メダカの卵メダカの産卵時期になっても、うちのメダカはなかなか卵を産まない。何故?メダカが産卵しない理由と原因から産卵を促す方法を考えてみましょう。

メダカが卵を産まない理由

メダカが産卵しない理由は一つではなく、多くの要因が絡み合っていることもあります。

まずはメダカが産卵しない時に考えられる理由・原因をいくつか挙げてみましょう。


メダカのメスが産卵期を迎えていない

メダカのメスは早いものでは、孵化してから3ヶ月ほどで産卵を開始しますので、これはあまり考えにくいことですが、絶対に無いことでもないので挙げておきます。

大きさで言えば2cmを超えたあたりから産卵はできるようになります。

よってまだ小さい時期にはしっかりと飼い込み、しっかりと繁殖のできる立派な親メダカに育ててあげましょう。

水温が低すぎる

メダカは水温が15℃を超えた辺りから繁殖を始めるようになり、20℃を超えるとさらに活発に産卵行動が見られるようになります。

逆に水温が低すぎる場合には、いくらしっかり成長した親メダカを何匹入れていても繁殖は行われません。

これは、自然の摂理に従ったもので、卵が孵化しやすい水温、稚魚が育ちやすい水温になる季節に産卵を行うことが子孫を残すうえで一番効率が良いことだからです。

ヒーターなどを使わずに屋外飼育を行なっている場合には、産卵に最適な水温になる時期まで待つしかありません。

日照時間が短すぎる

日照時間(昼間の時間)もメダカのメスの産卵活動に大きく影響することが知られています。

日照時間が14時間以上になると最も活発に産卵活動をするようになることは広く知られていることです。

これも日照時間と温度によって本能的に産卵すべき季節をメダカが感じとっているからとも言われています。

.

産卵をするための栄養が足りていない

メスが産卵を行うためには沢山の栄養を必要とします。

栄養不足はやはり産卵回数を減少させる要因となりますので、この時期には栄養価の高いエサをしっかり与えるようにしましょう。

オスメスの比率が低すぎる

オスとメスの数が少なすぎるのも産卵の確率が低くなるうえ、無精卵になる可能性も高くなってしまいますので、それなりの数のメダカを確保した方が産卵および卵の孵化率は高まります。

産卵を促すためにできること

水温を適正水温に保つ
屋外飼育でも室内飼育でもメダカの産卵を試みたいのであれば、水温の把握は絶対条件です。

メダカを飼育している環境の水温を把握し、適正水温を保つようにします。

その方法は季節の変化による自然任せでもよし、ヒーターを使用して意図的に適正水温を維持するもよしです。

ヒーターを使用する場合には、夏場の高水温対策についても前もって知識をつけておく必要があります。



日照時間を長く取る
水温と同じくらいメダカの産卵に大切なことが日照時間の長さです。

日照時間の管理も水温同様に季節の変化による自然任せでも人の手による管理でも問題ありません。

ただ、蛍光灯などを使い、日照時間の管理を行うのであれば、不規則な点灯時間はメダカの生活リズムを崩してしまうのでお勧めできません。

よってプログラムタイマーを使い、毎日規則正しい点灯時間を守るようにしましょう。

プログラムタイマーとはあらかじめ設定した時刻になると電源のオンオフを自動的に行ってくれるもので、常に水槽のそばにいられない人や毎日不規則な生活でなかなか決まった時間に世話をできない人には必需品ともなっています。

プログラムタイマー

Amazonで購入
楽天市場で購入


しっかりエサを与え栄養をつける
水温や日照時間など周辺環境が整ったら、次はメダカそのものの体力をつけることが大切です。

普段あげているエサにプラスして繁殖用に栄養価の高いエサを与えるようにします。

ただ、闇雲に量を増やすことは水質の悪化に直結しますので、量よりも質を重視していろいろな種類のエサを順番に与えるなどの工夫が必要です。


メダカのペアを増やす
メダカの数を増やすことは直接産卵しない理由の対策ではありませんが、ペアの数が増えればそれだけ繁殖の可能性は上がることは間違いありません。

メダカの飼育環境に余裕があったら検討してみましょう。

軽い刺激が産卵を促す
メダカのメスは軽い刺激により産卵が促されることもしばしばあるようで、購入直後にショップから家の水槽に変わったことによる水質の変化で水槽投入直後に産卵することもあります。

産卵を促す為に意図的に刺激を与えるのであれば、水換えの量を増やしたり、周期を短くするなど普段とちょっと変えてみるのもいい方法かもしれません。

メスのメダカがいない

これはちょっと笑い話レベルの話ですが、どんなに産卵条件を揃えてもメスのメダカがいなく、オスばかりの水槽ではもちろん産卵は行われません。

メダカのオスメスの見分け方が曖昧な方は今一度確認してみてください。また、ショップなどでメダカのペア買いをすれば、そのような心配はもちろん無くなります。



関連記事

  • メダカを殖やすには
  • メダカ飼育の大きな楽しみの一つに繁殖がありますがメダカは淡水魚の中でもかなり、繁殖力の強い魚ですので条件さえ整えば意外と簡単>>続きを読む


  • 購入前に知っておきたい販売されているメダカの卵を購入するリスクとメリット
  • 販売されているメダカの卵を育てるというメダカ飼育の楽しみ方。卵を購入することにより欲しい品種のメダカを安く手に入れることがで>>続きを読む


  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの繁殖行動から産卵が確認出来たら稚魚が生まれてくるまで非常に待ちどおしい期間となりますが、ここでやっておかなければなら>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する個体が現れ出し、さらに水温が20℃>>続きを読む


  • 初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング
  • メダカの卵は水槽などの飼育環境では、産まれてすぐ人の手で取り、隔離して育てたほうが生存率が高まります。メダカの卵を取る理由や>>続きを読む


  • メダカの卵を観察しよう
  • 屋外の睡蓮鉢やビオトープなどでの産卵となると毎日じっくり観察するのは難しいかもしれませんが室内での水槽飼育などでしたら生まれ>>続きを読む


  • 水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え
  • 初めてメダカの卵を育てる方必見!メダカの卵を育てるのに水道水を使っても大丈夫?その理由は?メダカの卵は水換えが必要?メダカの>>続きを読む


  • メダカの卵が白い⁉︎カビ?原因と手遅れにならない為の対策
  • メダカの卵がなんだか白い・カビ?透明感がなくなってきた?そんなメダカの卵の成長におけるトラブル対策としてカビの原因や予防対策>>続きを読む


  • メダカの卵が孵化しない⁈孵化までの日数や孵化直前の様子とは
  • 初めてのメダカの産卵。ドキドキとワクワクで稚魚が生まれてくるのを待ちわびていても、なかなか卵が孵化しない?メダカの卵って何日>>続きを読む


  • メダカの稚魚の育て方
  • 孵化直後の稚魚は体長4ミリメートルほとで水面付近の浮き草などの陰に寄り添うように浮かんでおりまだ泳ぎまわる感じではありません>>続きを読む


  • メダカの稚魚は隔離するべきか
  • 飼育しているメダカがはじめて産卵し、稚魚が生まれた時などはメダカ飼育の中でも特に嬉しい出来事のはずです。そんな可愛いメダカの>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ