夏や冬に気を付けたいメダカが耐えられる限界水温と水質

2019年10月28日

夏や冬に気を付けたいメダカが耐えられる限界水温と水質

田んぼで泳ぐクロメダカ

メダカの飼育で気になる点の一つが水温変化ではないでしょうか。

真夏の極度な高水温にメダカは耐えられるのか?

逆に氷が張るような冬の低水温にはメダカは耐えられるのか?

そんなメダカ飼育における限界水温についてご紹介致します。また水温と同じくらい気にかけたい水質についても触れておきます。

 

野生のメダカが棲息している気候は温帯地方が主な棲息地ですので、生きることができる限界水温は0℃近い低水温から上は35℃ぐらいまでです。

 

春夏秋冬、四季がある日本に生息している生物ですので言われてみれば当たり前の温度帯域なのですが、熱帯魚飼育などのブームの影響もあり、観賞魚というと水槽でヒーターを入れて育てるのが前提のように考えられている方もいるようです。

 

限界水温とともに気を付けたい急激な水温変化

華やかな熱帯魚などは生息環境などによっては熱帯地域になるために日本の冬のように0℃近くなる気温には対応できない種がいるのも確かですが、その点では日本のメダカのほうが丈夫ということになります。

ただしメダカが耐えられる水温は徐々にこれらの水温に変化していった場合に限ります。

例えば10℃の水の中にいるメダカを急に20℃の水温の中に入れたりしたらショックで死んでしまったり、すぐに死ななくても病気になって弱ってしまいますので注意してください。

このような状態は通常の飼育環境では起こりえないことですが、購入時の水合わせや水換え時には必ず温度差ができてしまうものですので注意しましょう。

また冬場などに下がり過ぎた水温を懸念してお湯などで水温を上げるような行為は一見メダカのためのように思えますが、逆効果ですのでやらないようにしましょう。

冬場はあまり世話をやかずに春が来るまでそっとしておいてあげましょう。

真夏の高水温に対しては先にも述べましたように30℃以上の水温でも耐えられますが、高水温は水中に溶け込める酸素量が低下してしまうためエアレーションなどによる対策が効果的です。

 

野生のメダカ
メダカ飼育夏の高水温と酸素不足 酸欠の症状と対処法

メダカ飼育夏の高水温と酸素不足 酸欠の症状と対処法 メダカ飼育では夏の高水温と酸素不足には特に注意が必要です。 どのような飼育環境がメダカの酸素不足を起こしやすいのか? メダカが酸欠になった時の症状は ...

続きを見る

水面を泳ぐメダカ
メダカ水槽 夏の水温管理と水槽の高水温を下げる方法・正しいやり方

メダカ水槽 夏の水温管理と水槽の高水温を下げる方法・正しいやり方 メダカ飼育における夏場の水槽管理で一番大切なことは水温管理といっても過言ではありません。気温の上昇における異常な高水温はメダカの生命を ...

続きを見る

夏のメダカ
メダカの大量死の原因?夏の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点

メダカの大量死の原因?夏の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点 メダカが一斉に死んでしまうメダカの大量死。その理由は様々ですが、夏場に起きやすいメダカの大量死の原因と水温の関係についてご紹介致します。 ...

続きを見る

 

メダカが耐えられる水質

メダカが棲める水質は弱アルカリ性から弱酸性ですが、一般的に飼育を行なっている水槽などの環境は餌の食べ残しやメダカが出す糞などが水中にいる各種ろ過バクテリアによって分解され、水質が時間の経過とともに酸性へ傾いていく傾向があります。

あまりにも酸性に傾いた水はメダカ飼育に適さないため、適度な水換えが必要となってきます。

なお、水質の指標となるpHはペーハーと呼び簡易的なテスターなどで測定することができますので定期的に測定を行い水の汚れ具合を把握できるようにしましょう。

水質のもう一つの要素である水の硬度に対してもメダカは比較的大きな範囲に適応できます。

メダカは海に近い塩分濃度の高い場所にも棲息できる淡水魚ですので緩やかな変化であれば比較的高い硬度の水でも飼育できます。

例えば硬度の高い井戸水などを飼育水槽に使いたい場合は、元の水から数時間から半日ほど時間をかけて新しい環境に慣らせば問題なく飼えるはずです。

この水慣らしは時間をかければかけるほどリスクは低くなりますので慌てずじっくり時間をかけて行うようにしましょう。

環境に対する耐性の大きさ

メダカの大きな特徴の一つに環境に対する耐性の大きさを挙げることができます。

日本のメダカは水質や水温の急変さえ避けてあげれば緩やかな環境の変化にはじっと耐えて生き抜き、さらに環境次第では繁殖さえできる強い魚なのです。

例えばわずか数十リットルの屋外に置いた睡蓮鉢の中でも一年間全く水換えをしなくても生き延び、夏には繁殖して子供を殖やし、冬になれば水が完全に凍結しない環境であれば春まで死なずに越冬できてしまうのです。

もちろん、メダカにとってはろ過装置のない屋外の睡蓮鉢のような環境は過酷な環境なのですが、メダカは人が考える以上に強い面を持っている魚なのです。

メダカ飼育のキャリアが長いベテランアクアリストの中には、かえって人があまりいじらない方がメダカは長生きできると主張する方もいるくらいです。

ただしこの意見に対しては人が手を加えなくても自然に理想的な生息環境が出来上がる条件をしっかり確保してあげることが前提です。

その辺の知識がまったくない初心者アクアリストが世話をせずに放置しておいても元気に育つということではないので誤解のないようにお願いいたします。

メダカが耐えられる限界水温と水質まとめ

・メダカは0℃近い水温から35℃近い水温まで耐えることができる。

・ゆっくりと変化する水温に限り対応可能で人為的な急激な水温変化には対応できない。

・水合わせ時の水温差には注意。

・夏の高水温対策で急激に水温を下げるような行為も注意。

・メダカは水の硬度に対しても幅広い適応力を備えている。

・水質が悪化して酸性に傾いた水質には弱く病気になりやすい。

 

今回はメダカが耐えられる限界水温と水質についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

 

メダカの死
メダカが死んでしまう原因・死因 毎日死ぬ・死んだらどうする

メダカが死んでしまう原因・死因 毎日死んでしまう・死んだらどうする メダカを購入後すぐに死んでしまう。 長い間飼育していて徐々に死んでしまう。 突然メダカが全滅してしまう。 メダカが全滅する原因は? ...

続きを見る

メダカと水温
メダカの水温は何度が良いのか?最低水温・最高水温は?

メダカの水温は何度が良いのか?最低水温・最高水温は? メダカの水温は何度が良いのか?  メダカは最低水温何度まで大丈夫? メダカは最高水温何度まで大丈夫? 水温の違いによるメダカへの影響は? メダカの ...

続きを見る

夏のメダカの水温管理
夏はメダカの水温に注意!水温対策は早めに実施しておこう!

夏はメダカの水温に注意!水温対策は早めに実施しておこう! メダカの夏対策!高水温対策はいつ頃から? 屋外飼育やベランダで夏に気をつけることは? メダカの室内飼育なら夏の高水温は大丈夫? 夏のメダカの水 ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。 Twitterでも情報公開しておりますのでフォローお願い致します。@mizukusasuisou

-メダカの屋外飼育
-

© 2022 メダカの飼い方.com