メダカ飼育

屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策

2019年10月28日

屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策

屋外飼育のメダカ

自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるのならば、是非メダカの屋外飼育にもチャレンジして頂きたいものです。

メダカは自然の川や水田に棲息している淡水魚ですので東北以南ならそれほど問題無く屋外飼育が可能な魚です。

メダカの屋外飼育では室内の水槽飼育とは違った注意点や育成のコツがあります。

また屋外でメダカを育てるのに最適な容器や水換えなどについても一緒にご紹介致します。

 

屋外飼育となるとスイレン鉢などのような大きな容器に水を張り水生植物などと一緒に飼育する方法が人気ですが、このような飼育方法は一番メダカのあるべき姿に近い飼育法と言えます。

四季の変化の影響を受けながら成長していく植物達とともに水の中でも自然の生態系が出来上がっていきますので、年月を重ねるほど自然観が増していくのも屋外飼育の魅力と言えます。

植物とメダカが共存するメリットと屋外飼育のコツ

水生植物

勿論、屋外のメダカ飼育でも土や植物を入れないで飼育する事も可能ですが、何も入れていない飼育方法と土や植物(水草)が入っている飼育方法では環境はかなり違うものです。

容器に何も入れていない環境でも屋外では太陽光線の影響で容器の内側には藻が生えて多くの微生物が発生しますので、それなりに水質は安定していきますし、メダカの餌も確保出来るようになっていきます。

ただし、そのような環境ではメダカの隠れ家になるものが無い為、メダカは安心して暮らす事が出来ません。

またメスが産卵しても卵がすぐに他のメダカに見つかってしまう為、自然繁殖は難しいかもしれません。

容器の中に土や水生植物を入れてあげる事により、そのような問題も解決しやすくなります。

土や水生植物が入れられている環境は微生物も増えやすくなりますし、植物の持つ水質浄化能力のおかげで何も入れていない環境よりも遥かに水質は安定し易くなります。

比較的大きなスイレン鉢などでメダカを飼い、その中に土が入っているポットに植えられた水生植物を入れてあげても同じような効果は期待できます。

メダカの飼育容器内に何らかの方法で土が入れられてさらにそこに水生植物が育っている環境は水だけしか入っていない飼育環境に比べると遥かに自然の池などに近い環境を作り上げられるのです。

勿論、自然の池や川とはその水量や取り巻く環境に圧倒的な差があるのですが、水の中の環境が年月と共にやがて調和が取れた状態に近づいていく仕組みは自然の池や川と全く同じなのです。

水質が安定してくるとメダカは自然に繁殖をはじめますが、土や水生植物を入れてある環境では産み落とされたメダカの卵は隠れやすくなりますので他のメダカに見つかって食べられてしまう可能性も確実に低くなります。

全ての受精卵が孵化できるわけでは無く、見つかって食べられてしまうものもあるでしょうが、生き残った卵が孵化し、稚魚が親魚と一緒に泳いでいる姿をいつの日か見られる時が来るかもしれません。

このように屋外飼育のメリットを最大限に活かせるような飼育方法をとることが屋外飼育のコツとなります。

メダカの屋外飼育で大切な事は容器の大きさ=水量と日当たり、そして水生植物による自然な調和を作り上げる事です。

屋外でメダカを飼う為の容器

屋外でメダカを飼う為の容器は水が貯められる容器であれば何でも流用できますが、水を貯めた際にメダカに悪影響を与えるような物質が溶け出さないものを選んでください。

極端な話、風呂桶やベビーバス、バケツなどでも飼育は可能ですが、人目にさらされる庭や玄関先なのである程度見栄えも考えるとやはり代表格はスイレン鉢になります。

水槽を屋外に置いて飼育する方法もありますが、水槽は側面部分も透明なので太陽光の影響で水温がスイレン鉢などよりも高くなり易いので夏場の水温管理に気をつけなければなりません。

また同じ理由から水中に藻類が大繁殖し易いので場合によっては濾過フィルターを設置しなければならないかもしれません。

 

関連記事
屋外飼育のメダカ
屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢 室内でメダカを飼育する場合には水槽や金魚鉢のような容器が一般的です。室内飼育では鑑賞目的重視の為、おしゃれな感じやインテリア性が ...

続きを見る

 

屋外飼育でのメダカの世話・水換え

メダカの屋外飼育では先にも述べましたように自然の力で水質が安定し易いので毎日何かしらの世話をしなくてはならないような状況にはなりませんが、それでも定期的に観察して水質が悪化しているようなら水換えも必要となります。

屋外のスイレン鉢などでメダカを飼育していると池などと同じような感覚になり、水換えの必要性を忘れがちですが、特に飼育初期の水質が安定していない時期には水が汚れ出したら水換えをしてあげましょう。

ある程度自然のサイクルが確立してくると水換えの手間も必然的に減ってきますので安心してください。

また雨の当たる場所に置いてあげると水面を叩きつける雨の影響で水中に酸素が行き渡るうえに新鮮な水が取り入れられるので効果的です。

よく雨の入る場所に置くと増水してメダカが流されてしまうのではといった不安を抱く方がいますが、基本的にメダカは強い雨の日などは雨の影響を受ける水面直下にはおらず、水深の深い場所でじっとしていますので心配はありません。

 

今回はメダカの屋外飼育のコツについてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

 

メダカの屋外飼育についてまとめましたので合わせてご覧ください。

メダカ鉢レイアウト
メダカ鉢レイアウトの作り方とレイアウトの際に気をつける3つのこと

メダカ鉢レイアウトの作り方とレイアウトの際に気をつける3つのこと メダカ鉢のレイアウトはどのように作るのか? レイアウトを作るのに必要なものは? レイアウト作りで気をつけることは何か? 初めてだけど綺 ...

続きを見る

メダカの屋外飼育
メダカの屋外飼育 置き場所は夏と冬で変えるべきか

メダカの屋外飼育 置き場所は夏と冬で変えるべきか メダカの屋外飼育では容器をどこに置くのがいいのか? メダカを置いてはいけない場所はあるのか? 夏と冬で置き場所を変えた方が良いのか? 屋外では置き場所 ...

続きを見る

メダカの屋外飼育
メダカの屋外飼育で発泡スチロールを使用するメリットとデメリット

メダカの屋外飼育で発泡スチロールを使用するメリットとデメリット メダカを飼育できる容器には様々なものがありますが、今回はその中でも発泡スチロールに焦点を当ててメダカの屋外飼育でのメリットとデメリットに ...

続きを見る

関連記事
屋外飼育のメダカ
屋外のメダカ水槽は水換え不要?水換えの頻度と方法

屋外のメダカ水槽は水換え不要?水換えの頻度と方法 屋外においてあるメダカ水槽やメダカ鉢は水換えの頻度を減らしたり、水換えを不要にすることも可能です。逆に屋内のメダカ水槽はそのような管理は難しいものです ...

続きを見る

関連記事
夏のメダカ
メダカの大量死の原因?夏の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点

メダカの大量死の原因?夏の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点 メダカが一斉に死んでしまうメダカの大量死。その理由は様々ですが、夏場に起きやすいメダカの大量死の原因と水温の関係についてご紹介致します。 ...

続きを見る

関連記事
屋外ビオトープのメダカ
屋外飼育でメダカがいなくなる・食べられる・突然消える

屋外飼育でメダカがいなくなる(食べられる) いつの間にかメダカがいなくなる。 メダカの姿が消えた。もしかしたら食べられてしまった?そんなメダカが居なくなる原因についてご紹介致します。メダカは日本に棲息 ...

続きを見る

関連記事
メダカと水草
屋外と室内で違う!メダカ飼育におすすめな水草の種類とその理由

屋外と室内で違う!メダカ飼育におすすめな水草の種類とその理由 メダカと水草は非常に相性が良いものですのでメダカを飼育するのであれば、是非水草を入れてあげたいものです。ただ、いざ水草を入れようと思うと、 ...

続きを見る

関連記事
屋外池のメダカ
メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え

メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え メダカ飼育を始めて初めての冬。室内の水槽などで飼育しているメダカであれば、ヒーターを使用することにより水温を保つことも出来ますが、屋外の池 ...

続きを見る

 

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカ飼育

© 2021 メダカの飼い方.com