メダカ飼育でおすすめのエサは? 種類と与え方・量・頻度

メダカ飼育でおすすめのエサは? 種類と与え方・量・頻度

メダカを元気に育てる餌選び

メダカの飼い方.com>>メダカを飼う>>メダカを元気に育てる餌選び

メダカを飼うのにおすすめのエサは何か?メダカはどんなものを食べるのか?頻度は量は?メダカ飼育で大切なメダカの餌やりについてご紹介いたします。

野生のメダカから学ぶメダカが好む餌

メダカ野生のメダカはミジンコやワムシなどの動物性プランクトンや植物性プランクトン、ボウフラやアカムシなどの小さな昆虫類など、餌の選り好みをせずになんでも食べている雑食性です。

屋外の池やスイレン鉢などでメダカを飼育していれば、餌となる動物性プランクトンや植物性プランクトンなどは自然発生するので、ある程度は野生のメダカと同じような餌を与える事ができるはずです。


しかし、屋内の水槽飼育では、そのような餌を確保して与え続ける事はなかなか難しいものです。

よって飼育者がしっかりとした知識を持ち、メダカを健康的に育てるための餌やりをしなければなりません。

アクアリウムショップや専門店ではいろいろな種類のエサが売られていますが、基本的には一般的な金魚や熱帯魚のエサを与えても問題はありません。

ただ、メダカの口は金魚などに比べて小さいので、メダカ専用のエサ以外のエサを与える場合には、メダカが食べやすいように指の腹ですり潰すように砕いてから与えるようにします。

特に稚魚や幼魚の場合には、親魚と同じエサでも問題ないのですが、大きいと口に入らず食べれていないこともあります。

また、大きなエサは消化に時間がかかる為、内臓に負担をかけるとされています。

メダカ飼育におすすめのエサ

メダカのエサとして最も手軽なものは、常温保存できる乾燥餌ですが、乾燥餌の中には浮遊性の餌と沈水性の餌がありますので注意が必要です。

メダカは基本的に水面近くを泳ぐ魚ですのでメダカが食べ損ねて水槽の底に沈んでしまった餌は食べ残しになりがちです。

食べ残されたエサは水質を悪化させてしまいますので、できるだけ水に浮くタイプのエサを選んで与えるようにしましょう。

ただ、ダルマメダカなどのように一部のメダカでは、浮遊性のエサを与えると「エアーかみ」と呼ばれる症状を起こし、転覆病などになりやすいとされていますのでダルマメダカを飼育する時には検討が必要となります。

メダカのエサの種類

人工飼料の乾燥エサだけでもメダカ飼育は可能ですが、できることなら野生のメダカと同じように色々なものを食べさせてあげるとメダカも喜ぶはずです。

メダカの餌の種類には、主食となる乾燥フレークをはじめ、ミジンコ、アカムシなどの動物性のものから植物性プランクトンや浮き草などのように植物性のものまで色々ありますので、たまにはショップをのぞいてみるのもいいかもしれません。

栄養バランスを考えた餌の種類

メダカの餌には人工飼料と生き餌があり、人工飼料とは先にご説明したもので顆粒タイプと徐々に崩して食べるフレークタイプのものがあります。

これらの人工飼料は入手がし易いうえに、保存もききますので非常に扱い易い餌ですが、同じ餌ばかりを長期に渡って与え続けていると栄養バランスが偏り、栄養不足になることもあります。

そこで人工飼料に加えて時にはミジンコやアカムシなどの生き餌を与えるようにしましょう。

スイレン鉢などで屋外飼育をしていれば知らず知らずのうちにボウフラやアカムシなどが発生し、メダカの餌となっている事も多いようですが、室内の水槽などではアカムシやボウフラが自然発生することはほとんど無いでしょうから、実は屋外飼育の方がバランスのいい餌を食べているのかもしれません。

それでは室内飼育の場合はどのように生き餌を確保したらいいのでしょうか?

ボウフラやアカムシなどの生き餌は川や池などから自分で採取してくることもできますが水質の違う環境からの持ち込みは水の汚染や病原菌の持ち込みも考えられますので出来れば避けたいものです。その為、生き餌はアクアリウムショップなどでも販売されていますのでそのようなものを購入したほうが安全です。

また生き餌は保存がきかなく不便に感じる場合には急速冷凍された冷凍アカムシや冷凍ミジンコなどや乾燥タイプのものなどもありますので探されてみては如何でしょうか。

天然エサの特徴とメリット

天然の餌はメダカの本能を刺激するようで、メダカが好んで食べる餌が多く、その食べっぷりは人工の乾燥フレークなどでは及ばない面もあります。

生餌は飼育水を汚さないので一日で食べる量をまとめて与えておくことができるメリットがあります。

代表的な天然のエサとはミジンコ、アカムシ、イトミミズなどが挙げられ、生きたままの状態で与えるのが一番理想的です。

ただ、生きているアカムシやイトミミズに抵抗がある(気持ち悪い)という方もいると思いますので、そのようなときには冷凍加工されたものを選ぶといいでしょう。

昔の冷凍技術ですと冷凍することにより栄養価が損なわれてしまうことも多かったのですが、近年の冷凍技術の発展により新鮮な活きの良い赤虫の栄養素を壊すことなく急速冷凍することもできるようになっています。

冷凍のものでも「やっぱり気持ち悪い」という方はキョーリンなどが開発したフリーズドライ製法のエサを選んでみてはいかがでしょうか?

見た目のパッケージなどは通常のエサと変わらないうえに独自の製法でビタミンなどを添加していますので栄養価が高く、おすすめの天然飼料と言えるでしょう。





エサの与え方と適正量

次にメダカに与えるエサの量ですが、屋内の水槽で飼育しているメダカと屋外の池やスイレン鉢で飼育しているメダカとでは、その飼育環境に応じてエサの量を調整する必要があります。

例えば、屋外のスイレン鉢などで水生植物を育てているような環境でメダカを飼育しているのであれば、人が餌を与えなくても自然に発生した藻やミジンコなどを食べているので、たまに少量のエサを与える程度でも問題なく育ち、さらに自然に繁殖さえすることもあります。

一方、屋内水槽飼育では太陽の強い光を浴びないため藻の大量発生などはあまりないですが、その分屋外のスイレン鉢などと比べるとメダカのエサとなる植物性プランクトンや動物性プランクトンの発生も少ないのでメダカはエサ不足になりがちです。

その為、屋内飼育では毎日少しずつ餌を与える必要があります。餌を与える量は数分で食べきる量で少し足りないかな位にしておきましょう。

メダカに限らず、多くの生物は自然の中で常にエサにありつける訳ではありません。よって数日くらいはエサを与えなくても全く問題なく生きることができるのです。

ただ、せっかく飼育環境という恵まれた環境で過ごしているメダカに敢えて自然界のような過酷な環境を強いることもありませんので適度に餌やりをしてあげることは望ましいのです。

部屋に置かれた水槽では、いつでも餌を与えやすいうえに喜んで食べている姿を見ると楽しくなって、ついつい与え過ぎてしまう傾向が強いですが、餌の与え過ぎは水質の悪化を招きやすいうえにメダカを死なせてしまう原因にもなりますので注意してください。

では適正量はどのように見極めればいいのでしょうか?慣れてくるまで適正量を把握するのは難しいかもしれません。

初めのうちはちょっと少ないかなというくらいの量をこまめに与えるようにして、しばらく様子を見てメダカが痩せてくるようであれば少し量を増やすというようにしていけば適正量が把握できるようになります。

ただ餌をきちんと適正量で与えていても多少の食べ残しはでてしまいます。そして食べ残しは水槽の底に溜まっていきますので水質管理のためにもこの食べ残しは定期的に網やクリーナーで除去するようにしましょう。



関連記事

  • メダカがエサを食べない・吐き出す理由と対処法
  • 基本的になんでも食べるようなイメージが強いメダカですが、そんなメダカがエサを食べない。もしくは、口にしても吐き出してしまう。>>続きを読む


  • 旅行中や外泊時のメダカのエサはどうする?与え方とおすすめのエサ
  • メダカを飼育していても旅行や外泊はしたいものです。しかしメダカは毎日しっかり世話をしてあげなければ死んでしまうのか?数日から>>続きを読む


  • 餌の劣化やカビなどはNG!メダカのエサの消費・賞味期限と保存方法
  • メダカのエサの与え方や量などを気にする人は多いのですが、何故かエサの品質維持に対して意識している人は少ないようです。いくら与>>続きを読む


  • メダカは水草を食べるのか?水草の食害とメダカのエサとなる水草
  • メダカは水草や浮き草を食べるのか?水草とメダカを一緒に入れておくとメダカが水草を突くような仕草を見せることがあります。果たし>>続きを読む



    前の記事>>屋外でメダカを飼う為のコツ
    次の記事>>メダカを元気に育てる水質管理


    関連記事

  • メダカを飼う準備
  • メダカの飼育方法は様々で水槽で飼育する方法、小さな金魚鉢で飼育する方法、玄関先や庭などでスイレン鉢や池などで飼育する方法など生活>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理方法がありますのでその辺を>>続きを読む


  • ボトリウムでメダカを飼う為のコツ
  • 机上の小さな小瓶などで飼育を楽しむことができるのもメダカ飼育の大きな魅力の一つと言えます。「ボトリウム」そんな言葉がいつしか当たり>>続きを読む


  • メダカ飼育ボトリウム長期維持のコツ
  • 小瓶などのボトリウム(ボトルアクアリウム)でのメダカ飼育は初心者でも「簡単に始めやすい」、しかし世話を怠ると「簡単に終わりやすい」>>続きを読む


  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小さく丈夫で飼いやすいという面から様々な飼育方法が選択できますが水槽で飼育する方法はその中でも一番初めやすく管理しやすい方>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレンジして頂きたいものです。>>続きを読む


  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカを飼育する際に一番大切なことはきちんとした水質を維持してあげることです。メダカに限らず水中で生活している生物を飼育する場合、>>続きを読む


  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • 混泳させる魚は同じ日本に棲息する淡水魚でも熱帯魚でも大丈夫ですがあまり華やかな熱帯魚と混泳させてしまうとメダカの素朴な魅力とのギャ>>続きを読む


  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカと水草の相性は抜群ですので室内に設置したメダカの飼育水槽では水草をたくさん植えて育てることをお勧めします。メダカが泳ぐ水槽内>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクアリウムに詳しくない人でも一度>>続きを読む


  • 飼育環境で変わるメダカにおすすめの濾過フィルターと水流対策
  • メダカを飼育するには、どのろ過フィルターを使用すればいいのか?おすすめの濾過フィルターは?メダカ飼育を始めようと思う方がまず>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    メダカの雑学

  • メダカの品種固定率とは
  • 野生のメダカがいる場所
  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • メダカの屋内飼育と屋外飼育
  • 野生のメダカの餌と屋外飼育の関係
  • 白メダカやアルビノの誕生
  • メダカの体型による混泳の可否

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ