メダカ飼育

メダカの屋内飼育と屋外飼育どちらで始める?

2019年11月1日

メダカの屋内飼育と屋外飼どちらで始める?

メダカ飼育

熱帯魚飼育や海水魚飼育などではあまり検討項目にあがらない内容ですが、メダカ飼育に対しては飼育をはじめる際に屋内で飼育をするか、玄関先や庭などの屋外で飼育をするか決めなければなりません。

逆に言うとメダカ飼育では屋内飼育と屋外飼育のどちらの飼育スタイルも選べるといった贅沢な悩みなのかもしれません。

屋外での飼育は様々な水生植物を一緒に育てられる楽しみなどもあります。

しかし、一年中いつでも観賞できる水槽飼育とは異なり、特に冬は全く観賞に適さない状態になることが屋外飼育の短所でもあるのです。

一方、屋内の水槽飼育では一年中観賞できるのは長所ですが、水槽の横方向ばかりから眺めているとメダカが地味な熱帯魚のように感じてきてしまうこともあるようです。

このようにメダカの飼育では屋外でも屋内でも一長一短があります。

屋内飼育と屋外飼育どっちにする?季節による判断方法

春から夏にかけてメダカの飼育を始めようとおもうのでしたらまずは屋外飼育をお勧めします。

メダカ飼育の開始が秋から冬になってしまうようなら反対に屋内飼育をお勧めします。

もしメダカ飼育を始めるにあたって屋外飼育か屋内飼育かを決めかねているのなら思い切ってその両方の飼育方法に挑戦して見てはいかかでしょうか。

メタガは小さな魚であるうえに日本の気候に順応できるため、熱帯魚飼育のような飼育設備にそれほどお金がかかりません。

両方の飼育方法に挑戦するといっても同時にはじめるわけではなく、春から夏の終わりくらいからメダカの飼育をはじめるのであれば屋外飼育から始めて見て秋になり水温が15℃以下になりはじめたらメダカを屋内の水槽に移動させて屋内飼育を楽しむようなスタイルもあります。

そのような飼育方法なら春から夏にかけては水生植物などと一緒にメダカを楽しむことで一番自然に近いスタイルの楽しみ方ができ、秋から冬にかけては身近にメダカと触れ合える楽しみができます。

このような飼育方法を取るときの注意点として屋外から屋内飼育に切り替える時や屋内飼育から屋外に切り替える時など、少なからず環境の変化があるためメダカにとってはストレスとなります。

そのストレスを最小限に抑えるために水質の急変や水温の急変などが起きないように注意して移動させるようにしましょう。

 

今回はメダカの屋内飼育と屋外飼育の始め方の違いについてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただければ幸いです。

 

メダカ鉢レイアウト
メダカ鉢レイアウトの作り方とレイアウトの際に気をつける3つのこと

メダカ鉢レイアウトの作り方とレイアウトの際に気をつける3つのこと メダカ鉢のレイアウトはどのように作るのか? レイアウトを作るのに必要なものは? レイアウト作りで気をつけることは何か? 初めてだけど綺 ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカ飼育
-

© 2021 メダカの飼い方.com