メダカ飼育

屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

2019年11月4日

屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

屋外飼育のメダカ

室内でメダカを飼育する場合には水槽や金魚鉢のような容器が一般的です。

室内飼育では鑑賞目的重視の為、おしゃれな感じやインテリア性が求められますので、透明な水槽や金魚鉢はそのようなニーズにマッチした容器と言えるでしょう。

では、屋外でのメダカ飼育ではどのような容器がおすすめなのでしょうか?

屋外飼育という室内飼育とは違った環境で使いやすいおすすめの容器をご紹介致します。

 

メダカ飼育の容器の種類

メダカを飼育できる容器にはいろいろ種類のものがあり、小さなものではペットボトルやグラスから金魚鉢、水槽、発泡スチロール、プラケース、睡蓮鉢、トロ舟、池まで様々です。

極論を言えば水が溜められるものであればメダカ飼育は可能です。

しかし、長期的な飼育や屋外という環境を考えるとおすすめできない不向きな容器もありますので、その理由も含めてご紹介致します。

ペットボトルやグラスでの屋外飼育

ペットボトルやグラスは小さくてコンパクトなので、どこにでも置けるうえに費用もほとんどかからないので一番始めやすい飼育方法ですが、屋外飼育ではあまりお勧めできません。

その理由は水量が少ない為、水質が悪化しやすいことと水温の変化が激しいことです。

いくらメダカが小さくてあまり水を汚さない魚であっても、四季の温度変化をまともに受けるような屋外では水量の少なさは致命傷になります。

夏には異常な高水温と蒸発による水量低下、冬には凍結の心配もあります。

 

関連記事
田んぼで泳ぐクロメダカ
夏や冬に気を付けたいメダカが耐えられる限界水温と水質

夏や冬に気を付けたいメダカが耐えられる限界水温と水質 メダカの飼育で気になる点の一つが水温変化ではないでしょうか。真夏の極度な高水温にメダカは耐えられるのか?逆に氷が張るような冬の低水温にはメダカは耐 ...

続きを見る

 

水槽や金魚鉢での屋外飼育

室内では使い勝手の良い水槽や金魚鉢。屋外飼育でも同じように使えるのでしょうか?

確かに水量という点では水槽は問題ありませんので屋外飼育でも使用可能です。

ただ、屋外では直射日光をまともに受けるとコケ(藻)の大量発生に見舞われることがあります。

横からも鑑賞できるというメリットが屋外ではデメリットとなり、水槽の上だけではなく全面から光が入る為、コケに見舞われやすくなります。

また、ガラスの性質上、外気の影響を受けやすいので夏は水温が上がりやすく、冬は冷たくなりすぎるといったメダカには過酷な環境となってしまいます。

よって水槽や金魚鉢での屋外飼育は可能ですが、少々難ありと言わざるを得ません。

 

メダカ水槽
メダカ水槽は屋外飼育に不向き!その理由とお勧めの飼い方

メダカ水槽は屋外飼育に不向き!その理由とお勧めの飼い方 メダカ水槽を屋外に置いてメダカを育てたい。 メダカ水槽の屋外飼育方法を知りたい。 このように考えている人はちょっと待ってください。 メダカ水槽を ...

続きを見る

 

発泡スチロールでの屋外飼育

発泡スチロールはメダカの屋外飼育において非常に都合の良い容器です。

発泡スチロールはガラス水槽や金魚鉢と違い、保温性に優れている為、外気の影響を受けにくく、水温の変化が少なくて済みます。

また、周囲が覆われているので、メダカが安心できることと、周りからの外部光を遮断できるので過剰な日光を取り込まなくて済みます。

発泡スチロールのデメリットは見た目が良くないことと経年劣化が早いことでしょう。

機能性は抜群なのですが、やはり発泡スチロールなのでインテリア性は望めません。

また、屋外の過酷な環境では徐々に劣化してしまうので数ヶ月(数年)に一度は交換を余儀なくされます。

 

メダカの屋外飼育
メダカの屋外飼育で発泡スチロールを使用するメリットとデメリット

メダカの屋外飼育で発泡スチロールを使用するメリットとデメリット メダカを飼育できる容器には様々なものがありますが、今回はその中でも発泡スチロールに焦点を当ててメダカの屋外飼育でのメリットとデメリットに ...

続きを見る

 

睡蓮鉢での屋外飼育

発泡スチロールの機能性に負けず劣らずの機能性を備えながら、インテリア性と丈夫さを兼ね揃えた容器が睡蓮鉢です。

睡蓮鉢は名前の踊り、睡蓮を育成するときに使う大きな水瓶のような鉢です。

同じようなものでメダカ鉢として販売されているものもありますのでまさしくメダカ飼育を屋外で行うのに適した容器と言えるでしょう。

そこにメダカや水草を入れて小さなビオトープを作成することで、水質が安定すると何年にも渡って庭に小さな水辺を作り上げることができます。

このように外気の環境に影響を受けやすい屋外では、飼育容器の特性を考慮することも大切なこととなります。

 

メダカ鉢レイアウト
メダカ鉢レイアウトの作り方とレイアウトの際に気をつける3つのこと

メダカ鉢レイアウトの作り方とレイアウトの際に気をつける3つのこと メダカ鉢のレイアウトはどのように作るのか? レイアウトを作るのに必要なものは? レイアウト作りで気をつけることは何か? 初めてだけど綺 ...

続きを見る

メダカ鉢

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

屋外メダカ飼育でおすすめの容器まとめ

・屋外のメダカ飼育では長期的な育成と環境への適応性を考慮して容器を選ぶ。

・ペットボトルやグラスは水量が少ないため水質変化や水温変化が激しいので不向き。

・金魚鉢や水槽は屋外では日光の影響を受けやすくコケに見舞われやすい。

・ガラスの性質上外気温の変化をもろに受けてしまうのであまりお勧めできない。

・発泡スチロールは保温性に優れメダカの飼育には向いている。

・発泡スチロールのデメリットは見た目の悪さと経年劣化の早さ。

・睡蓮鉢やメダカ鉢は屋外飼育に最適な容器といえる。

 

今回は屋外メダカ飼育における様々な容器の特性についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

 

屋外のメダカ飼育における情報をまとめましたので合わせてご覧ください。

メダカの屋外飼育
メダカの屋外飼育 置き場所は夏と冬で変えるべきか

メダカの屋外飼育 置き場所は夏と冬で変えるべきか メダカの屋外飼育では容器をどこに置くのがいいのか? メダカを置いてはいけない場所はあるのか? 夏と冬で置き場所を変えた方が良いのか? 屋外では置き場所 ...

続きを見る

関連記事
ビオトープ
ビオトープとは メダカと水草が作り出すビオトープの魅力

ビオトープとは メダカと水草が作り出すビオトープの魅力 ビオトープ、聞いたことはあるけれどビオトープって何?と聞かれたら答えに迷う方も多いのではないでしょうか。何となくは知っているけど・・・。そんなビ ...

続きを見る

関連記事
トロ舟ビオトープ
トロ舟ではじめるビオトープ  ビオトープの作り方と生物濾過

トロ舟ではじめるビオトープ  ビオトープの作り方と生物濾過 トロ舟とは丈夫な合成樹脂(プラスチック)製の浅い四角い容器でタフ舟やプラ舟などとも呼ばれ、ホームセンターなどで購入することができます。呼び名 ...

続きを見る

関連記事
屋外飼育のメダカ
屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策

屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるのならば、是非メダカの屋外飼育にもチャレンジして頂きたいものです。メダカは自然の ...

続きを見る

関連記事
屋外ビオトープのメダカ
屋外飼育でメダカがいなくなる・食べられる・突然消える

屋外飼育でメダカがいなくなる(食べられる) いつの間にかメダカがいなくなる。 メダカの姿が消えた。もしかしたら食べられてしまった?そんなメダカが居なくなる原因についてご紹介致します。メダカは日本に棲息 ...

続きを見る

関連記事
メダカと水草
屋外と室内で違う!メダカ飼育におすすめな水草の種類とその理由

屋外と室内で違う!メダカ飼育におすすめな水草の種類とその理由 メダカと水草は非常に相性が良いものですのでメダカを飼育するのであれば、是非水草を入れてあげたいものです。ただ、いざ水草を入れようと思うと、 ...

続きを見る

関連記事
屋外池のメダカ
メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え

メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え メダカ飼育を始めて初めての冬。室内の水槽などで飼育しているメダカであれば、ヒーターを使用することにより水温を保つことも出来ますが、屋外の池 ...

続きを見る

屋外飼育のメダカ
屋外のメダカ水槽は水換え不要?水換えの頻度と方法

屋外のメダカ水槽は水換え不要?水換えの頻度と方法 屋外においてあるメダカ水槽やメダカ鉢は水換えの頻度を減らしたり、水換えを不要にすることも可能です。逆に屋内のメダカ水槽はそのような管理は難しいものです ...

続きを見る

 

 

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカ飼育
-

© 2021 メダカの飼い方.com