冬のメダカの水温管理 水温変化と正しい水温の上げ方

冬のメダカの水温管理 水温変化と正しい水温の上げ方

冬のメダカの水温管理 水温変化と正しい水温の上げ方

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>冬のメダカの水温管理 水温変化と正しい水温の上げ方

メダカ冬場のメダカ飼育の心配事と言えば水温の低下でしょう。メダカは水温が下がっても死なずに生きていけるのか?水温の変化によるメダカへの影響は?そのような水温の低下による疑問にお答えします。

また下がってしまった水温を上げる正しい水温の上げ方や、やってはいけない水温の上げ方なども一緒にご紹介いたします。


メダカに最適な水温

メダカの飼育では15℃〜28℃が適温、欲を言えば20℃〜26℃がさらに快適に過ごせる水温になります。

地域差はありますが、桜が咲く4月頃から真夏を除き、紅葉が始まる秋頃までがメダカにとって一番過ごしやすい季節となります。

よってこの頃が一番活発に活動する時期であり、産卵を行い、稚魚が育つ時期でもあるのです。

メダカ飼育では季節の移り変わりによって水温を維持していく方法もありますが、あえてヒーターを使用してメダカの好む水温を一年中維持するのもメダカにとっては過ごしやすい環境と言えるでしょう。

冬の水温がメダカに与える影響

屋外飼育などで水温が10℃以下になるとメダカは活動が極端に鈍り、動かなくなります。

これは変温動物であるメダカなら仕方ないことですが、水温の低下は活動の低下以外にもメダカの内臓、消化器系の活動も鈍らせますのでエサの消化不良などを起こすこともあります。

よって気温の低い時期にはメダカの状態を見ながら適切なエサやりを行う必要があるのです。

秋や冬も水温計は必須

メダカ飼育において夏場の水温上昇には特に気を使い、水温計をこまめにチェックする人は多いようです。

しかし、夏の暑さがひと段落してしまうと水温計の役目が終えたかのように気にかけない人が増えますが、秋から冬にかけての水温の変化を把握することはメダカの体調管理にとても大切なことなのです。

よって夏だけではなく、秋や冬も水温計の果たす役割は大きいのです。

メダカの水温の上げ方

水温を上げる方法で一番はじめに考えつく方法がヒーターの設置でしょう。水槽の水量に合わせて適切なサイズのヒーターを選択することで容易に水温を上げることはできます。

他にも屋外飼育から室内飼育への変更や日の当たる窓際での飼育など外的要因を考慮することでも水温を高く保つことはできます。

ただ、やってはいけない方法の一つがお湯を注ぐ方法です。水温計を見ながら少しずつお湯を足していけば適切な水温に持っていくことはできますが、そのような方法は望ましい方法とは言えません。

その理由は急激な温度変化であることと一時的な対策に過ぎないことです。急激な温度変化は低水温よりもメダカに負担をかけるうえ、お湯での対策は一時的なもので外気の影響によりすぐにもとの水温に戻ってしまうからです。


水温変化はゆっくり小さく

冬場に注意したいのがヒーターを使用していない水槽での室内飼育です。

室内では暖房を使い室内を暖めますが、夜になり部屋に誰もいなくなって暖房を切った際、水温はどんどん下がっていきます。

1日の中での極端な水温変化はメダカにとって大きなストレスとなり、体調を崩す原因となります。

1日の中で20℃以上の温度変化が生じるような時はヒーターを使用して水温を一定に保ってあげたほうが良いでしょう。

メダカの水温管理の大切さ

メダカの飼育では「餌の与え方」と「水換えの仕方」が特に注目され、大切な管理項目とされていますが、水温管理もそれらの世話と同じくらい大切なことなのです。

メダカの水温適応範囲は熱帯魚などと比べると確かに広いものですが、「適応範囲が広い=気にかけなくてもいい」ではないのです。

水温管理を蔑ろにして水温計を設置していない人もいますが、年間の水温変化さらには1日の水温変化を把握することはメダカを長生きさせることにも繋がります。

特に水温の変化が大きな時期には1日の中での高水温と低水温を把握しておくことも大事なことです。

デジタル水温計の中には最高水温と最低水温を記録できるものもありますので、そのようなものを使うと日中外出してしまっている時や夜間の睡眠時などの水温も把握することができます。



関連記事

  • メダカが動かない!?冬のメダカ飼育 冬眠と水温の関係
  • 冬に向け日に日に寒さを増していく季節。つい最近まで元気に泳いでいたメダカが急に動かなくなった。なんだか動きが鈍い。もしかした>>続きを読む


  • メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え
  • メダカ飼育を始めて初めての冬。室内の水槽などで飼育しているメダカであれば、ヒーターを使用することにより水温を保つことも出来ま>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ