メダカはパイロットフィッシュに最適!その理由と扱い方

メダカはパイロットフィッシュに最適!その理由と扱い方

メダカはパイロットフィッシュに最適!その理由と扱い方

メダカ飼育
メダカ飼育

メダカはパイロットフィッシュに向いているのか?その答えはもちろん「はい」です。メダカがパイロットフィッシュに最適な理由と上手な扱い方についてご紹介いたします。

またパイロットフィッシュの意味合いがいまいち解からないという方にもパイロットフィッシュが必要な理由も含めてご紹介いたします。

パイロットフィッシュが必要な理由

メダカがパイロットフィッシュに最適な理由を説明する前にパイロットフィッシュが必要な理由もしっかり確認しておきましょう。パイロットフィッシュの意義を理解しておくことで、メダカが向いていることがさらにご理解頂けると思います。

パイロットフィッシュとは水槽の水質を正しい方向に導く案内人(魚)という意味です。水槽を立ち上げてすぐの頃は水質が安定しておらず、生物濾過がうまく機能しません。

そのような時期に沢山の生体や水質に敏感な生体を入れてしまうと長生きさせることができなくなってしまいます。そのため、まずは丈夫な魚を数匹投入して水質を安定させるのです。

水槽立ち上げ後、メダカを数匹投入することでメダカの糞が濾過バクテリアの餌となり、徐々に濾過バクテリアが繁殖していきます。そうすることで水槽内に生物濾過のサイクルが出来上がり、水質が正しい方向へと向かうのです。

パイロットフィッシュとしてのメダカ

メダカは皆さんがご存知のように非常に丈夫な魚です。元祖メダカとも言われるクロメダカやヒメダカなどの品種改良がされていない種類のメダカは特に丈夫ですので、パイロットフィッシュに向いていると言えるでしょう。

さらに小さく温和な為、その後に入れる魚などの選択肢も広くなります。

また、屋外飼育も可能ですのでパイロットフィッシュの役目を終えたら、メダカだけ屋外のビオトープなどに移して飼育することも可能です。このように丈夫で、扱いにおいて自由度の高いメダカはパイロットフィッシュに最適な魚なのです。

メダカをパイロットフィッシュとして迎える際の注意点とタイミング

メダカをパイロットフィッシュとして迎える際の注意点やタイミングについても触れておきましょう。

いくらメダカが丈夫でパイロットフィッシュに向いていると言っても生き物である以上大切に育てたいものです。そのためには水槽立ち上げ後、すぐに投入するのではなく、アンモニアや亜硝酸濃度が低下するまで待ち、水合わせをしながらゆっくりと投入してあげましょう。

メダカがパイロットフィッシュとして最適であることはご理解頂けたと思いますが、あくまでも水質を安定させるのは微生物であることを意識してしっかりとした管理が必要となります。

間違ってはいけないことは、パイロットフィッシュを投入して時間が経過すれば水質が安定するわけではありません。

パイロットフィッシュは水質を安定させる手助けをする程度です。しっかりとした水質管理をマスターして水質維持に努めたいものです。

メダカの飼い方カテゴリの最新記事