メダカが冬眠中に死んでる?冬のメダカの大量死の原因と全滅させない方法

※この記事では広告を表示しています。

メダカが冬眠中に死んでる

メダカは冬眠中に死んでしまうこともある?

メダカの冬眠と死んでる時の違いは?

メダカが冬に大量死する原因は?

メダカを冬眠中に全滅させない方法とは?

こんな冬眠中のメダカの大量死に関する疑問についてご紹介いたします。

メダカは冬眠中に死んでしまうこともある?

メダカは春から秋にかけ、活発に泳ぎ回り元気な姿を見せてくれます。

しかし、水温15度以下で活動が低下し、10度以下で徐々に冬眠状態となってしまいます。

冬眠状態とは、摂食や運動をやめて、著しく代謝活動を低下させることなのですが、メダカもじっと動かず体力を維持し、暖かい季節が来るのを待つのです。

たとえ水面が氷に覆われようと死ぬことはありません。

しかしながら、冬眠中のメダカの様子を見に行くと、冬眠しているのかと思っていたら、よく見ると、死んでる!と慌てることがあります。

残念ながらすべてのメダカが安易に冬を越すことが出来るわけではなく死んでしまうこともあるのです。

メダカの冬眠と死んでる時の違い

メダカの冬眠と死んでる時の違いはメダカの様子で判断することができます。

冬眠をしているメダカは基本的には水草などの下に隠れています。

逆に死んでいるメダカは水中を漂ったり、ひっくり返ったりと全く反応がありません。

さらに時間の経過ととも体がふやける様に白くなる事もあります。

メダカが冬に大量死する原因

冬眠中のメダカが死んでしまうのはどうしてなのでしょうか?

環境の変化はメダカのような小さな体に大きな刺激となってしまいます。

高水温では35度位、低水温では氷点下でも生きる事が出来るメダカですが、夜間に氷点下まで下がり、水面に氷が張っていたのに日中の日光で水温が上がり、雨が降り水質が変わる・・・そうなると、冬眠状態であっても、メダカはかなりのダメージを受けます。

健全なメダカであっても冬越しは厳しいものです。

ましてや産まれるのが遅かったり、成長が不十分なメダカや、品種改良で同じ血統で血が濃くなっているブリードメダカや完全室内で育てられた改良メダカなどを購入し飼育している場合は、もともと体質が弱い個体もあり、水温や環境の変化に耐えられず死んでしまうことがあります。

そのような理由から沢山の品種を飼育していても、同じ品種ばかりが大量死や全滅してしまうことも多々あります。

また、氷点下に耐えることができるメダカでも、飼育水が完全に凍ってしまっては生きる事が出来ません。

冬眠状態であっても酸素が無ければ酸欠で死んでしまいます。

そして水質の悪化は品種に関係なく大量死する場合があります。

同じ飼育環境下であれば全滅してしまうこともありえるのです。

メダカの死骸に気づかず放置しているとそこから水質が悪化することもあります。

死因が白点病などの病気の場合は気づくのが遅ければ蔓延してしまい全滅することもあります。

メダカを冬眠中に全滅させない方法とは?

大量死する原因をご紹介しましたが、大量死・全滅をさせないためにはどうすればいいのでしょうか?

水温の安定している季節は、ある程度の水温変化や環境変化にメダカは耐えてくれるのですが、冬眠中のメダカはかなり敏感に刺激を受けます。

メダカは太陽の子とも言われるくらい太陽光が必要です。

色上げにもラメを増やすにも、綺麗なメダカに育てるには太陽光は大変重要ですので、出来るだけ光の当たる場所で飼育することが大切です。

しかしながら温度変化には弱い面があるため、冬の水温変化には気をつけなければなりません。

  • 夜間は凍らないように上にシートを被せる
  • 日中は一気に水温が上がるのを避けるために一部すだれで影を作る

など、工夫してみましょう。

水質変化への対策としては、雨水が入らない場所で飼育しましょう。

餌は必要最小限、暖かい日泳いでいるメダカが居るときは少しだけ与える程度にしましょう。

沢山食べても消化不良で死んでしまったりするので日没2時間前以降は与えない様にしましょう。

めだかの死骸も水質を悪化させるため、放置しない様にしましょう。

メダカの死因が白点病などの病気の場合は蔓延すると全滅の危機に陥るので頻繁にメダカの状態を観察し、異常を早期発見することが大切です。

冬の大掛かりな水換えは行わずに減った水を加水する程度に抑えましょう。

また、メダカは人が近づくだけでも急いで隠れようとします。

体力を温存させるためにも世話も最小限に抑えて刺激を与えないようにしましょう。

隠れ家として、水草を利用するなどの工夫をしましょう。

アナカリスなどは冬の低水温にも強く丈夫な水草なのでおすすめです。

但し、水草は、日中は酸素を発生させますが、夜間は光合成により二酸化炭素を排出しますので酸欠にならない程度の量にしておきましょう。

グリーンウォーターも栄養になりますが、底が見えない程の濃い物は酸欠や状態把握が出来なかったり水質悪化の原因となるため気を付けましょう。

発砲スチロールを浮かせておくと、水温変化を抑えるのにも隠れ家としても効果があります。

酸欠になるので水面を覆ってしまわない程の発砲スチロールを浮かばせておくのがおすすめです。

エアーや水流の発生するものは冬は停止しましょう。流れがあるとメダカは泳いでしまいます。

体力を消費して弱ってしまうので病気になりやすかったりやせ細って死んでしまいます。

体質の弱い改良めだかの品種や、育ちの悪かった成長の悪いメダカは、室内飼育に切り替えるなどの対応も必要かもしれません。

冬のメダカの全滅・大量死まとめ

  • すべてのメダカが安易に冬越できるわけではなく、冬眠中に死んでしまうことがある。
  • 成長の遅い稚魚や体力のないメダカは冬眠中に死んでしまうことが多いため室内飼育に切り替える方が安全。
  • メダカが冬に大量死する原因は水温変化と水質悪化などの環境変化。
  • メダカを冬眠中に全滅させないようにするには、水温変化と水質悪化を防ぐ。
  • 水温変化対策のおススメは水面に発砲スチロールの利用やすだれの利用。日中と夜間の温度差を減らす。
  • 水質悪化を防ぐには死骸の早期処理とレッドラムズホーンがおすすめ。
  • 冬眠中はエアーや水流は作らず極力刺激を与えないようにして体力の消耗を抑える。

今回は冬のメダカの全滅・大量死に関する疑問についてご紹介しました。皆様のメダカの越冬の参考にしていただけると幸いです。

よく読まれている記事

水カビ病のメダカ 1

メダカに綿のような白いふわふわが付いている。 メダカの水カビ病(わたかぶり病)ってどんな病気? 水カビ病の原因はなに? 水カビ病って他のメダカにうつるの? メダカの水カビの取り方や対策は? 水カビ病の ...

メダカの卵 2

メダカの卵が孵化しないのはなぜ? メダカの卵の孵化までの日数は何日? メダカの卵は孵化直前で死ぬことがある? メダカの卵の孵化までの様子とは? こんなメダカの卵の孵化までの日数と孵化しない理由などにつ ...

メダカの卵の取り方 3

メダカの卵は見つけ次第取らなければいけないのはなぜ? メダカの卵の取り方を知りたい。初心者でもできる? メダカの卵を取るタイミングも重要? 綿棒を使ってお腹から卵をとる取り方がある? 水草に産みつけた ...

メダカの卵 4

メダカの卵を見つけたらどうすればいい? メダカが産卵したら卵を取る?隔離が必要? メダカの卵を上手に育てる管理と飼育環境は? メダカが卵を産んだら放置しておいても大丈夫? こんなメダカの卵を見つけてか ...

卵をぶら下げたまま泳ぐメダカ 5

メダカのお腹に卵がついたままだけれど大丈夫? メダカが卵を産んでも水草などに産み付けない? メダカは卵をぶら下げたままで大丈夫なのか? メダカの卵の産みつけには産卵床が必要? こんなメダカのお腹に卵を ...

メダカの稚魚 6

親メダカから隔離していたメダカの稚魚は孵化からどのくらいの期間で親の水槽や睡蓮鉢に戻してよいのか。 子メダカを親の水槽に合流させるタイミングはいつ頃がいいのか? その目安は孵化からの日数なのか、それと ...

メダカの卵 7

メダカの卵の孵化までの様子を観察したい。 メダカの卵の育ち方を知りたい。 メダカの卵の経過日数による変化を知りたい。 メダカの卵の成長過程に興味がある。 メダカの卵の大きさを知りたい。 こんなメダカの ...

針子 8

メダカの針子の育て方を知りたい。 針子の生存率を高めるおすすめの餌の種類と与え方は? 針子飼育で最適な容器は? 室内で針子を育てる時の注意点は? こんなメダカの針子飼育の疑問についてご紹介します。 メ ...

白くカビたメダカの卵 9

メダカの卵が白いのはカビ? 卵のカビ・白いモヤの原因と予防方法を知りたい。 メダカの卵に白いモヤモヤ。放置しても大丈夫? 卵の白いモヤモヤ・カビの取り方を知りたい。 カビの除去には塩やメチレンブルーな ...

メダカの無精卵 10

メダカの卵の無精卵と有精卵の見分け方から無精卵の原因や無精卵が多い理由などについてご紹介いたします。 折角産まれたメダカの卵が孵化しない。なんだか卵の色がおかしい。 そんな時はもしかしたら無精卵かもし ...

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-メダカの屋外飼育
-, ,