メダカの産卵と卵

メダカの卵に目が見えてから孵化まで!孵化しないのはなぜ!?

メダカの卵に目が見えてから孵化まで!孵化しないのはなぜ!?

メダカの卵に目

メダカの卵に黒い点!?稚魚の目玉?

メダカの卵はいつ頃から目が見られるようになる?

卵に目が確認出来てから何日くらいで孵化するのか?

卵に目が見えるのになかなか孵化しないのはなぜ?

こんなメダカの卵に目が見えてから孵化までの様子についてご紹介いたします。

 

メダカの卵の目はいつ頃から見られるのか

メダカの卵が順調に成長すると産卵から3日~4日くらいではっきりと稚魚の目が確認できるようになります。

稚魚の目玉は初めのうちは小さくてわかりにくいですが、徐々にはっきりとわかるようになってきます。

もちろん受精卵での話ですのでしっかり受精できていない無精卵や途中で死んでしまった卵では発眼することはありません。

このように言うと産卵から4日以上経過した卵に目が確認できないと不安になってしまう方もいるかもしれません。

しかし「卵が死んでしまっている=発眼しない」であっても、「稚魚の目が確認できない=卵が死んでしまっている」ではありませんので安心してください。

卵の成長が遅れていれば当然稚魚の目が確認できる日にちもずれ込みます。

その理由については後々説明いたします。

 

メダカの無精卵
メダカの無精卵と有精卵の見分け方・無精卵が多い原因と減らし方

メダカの無精卵と有精卵の見分け方・無精卵が多い原因と減らし方 メダカの卵の無精卵と有精卵の見分け方から無精卵の原因や無精卵が多い理由などについてご紹介いたします。折角産まれたメダカの卵が孵化しない。な ...

続きを見る

 

メダカの卵の目はいつ頃から見えるのか

メダカの卵の目はいつ頃から見られるようになるのかとメダカの卵の目はいつ頃から見えるのか。

なんだか言葉の綾のように聞こえるかもしれませんが、ここでは稚魚の目がいつ頃から見えるのかについて考えてみましょう。

稚魚や親メダカのように光や餌に反応して泳いでくれれば目が見えていることは容易に確認できますが、卵は泳いだりしませんのでいつ頃から目が見えているのかのは判断は難しいところです。

ただ一つ言えることは卵にしっかり光を当ててあげることで卵の孵化率は上がります。

真っ暗な暗室で卵を育ててしまうと卵の孵化率は低くなりますが、太陽の光にしっかりと当ててあげて昼と夜を感じ取らせてあげることで孵化率は安定してきます。

このことから考えると稚魚はなんらかの感覚で光を感じ取っていることは間違いありません。

もしかしたら目が確認できるようになった頃から目が見えているのかもしれません。

 

メダカの卵
メダカの卵は日光に当てるべきか 孵化までの飼育場所選びと日照時間

メダカの卵は日光に当てるべきか 孵化までの飼育場所選びと日照時間 メダカが産卵し、卵を親魚から隔離したもののどのような場所で育てるのが理想なのか?日光のあたる場所で育てるべきか?それとも直射日光は卵に ...

続きを見る

 

卵に目が見られてから孵化までの日数

メダカの卵は順調に成長すれば10日ほどで孵化しますので、卵に目玉が確認できるようになってから4、5日で孵化します。

ここまでの卵の成長過程の話は卵が順調に育つ環境にある時の話です。

卵の成長スピードは周りの環境に大きく影響を受けるため環境が悪ければもっと日数を要するようになります。

卵が影響を受ける環境とは主に水温と日照時間です。

水温が低ければ孵化までの日数を要するようになりますので目玉が確認できてもなかなか産まれてこないこともあります。

一実験例では水温が15℃まで下がると25日ほどかかるとされています。

よってもし水温が低い時にはその日数から卵に目が確認できた日にちを引けば残りの日数が計算できるはずです。

水温が低い問題は卵の孵化日数を伸ばすだけではなく孵化率を低下させてしまう問題も抱えています。

25℃で10日ほどの孵化では孵化率は90%以上あっても水温が20℃以下になっていると孵化率が50%くらいまで下がってしまうこともあります。

これらのことをふまえて卵に目が確認できるのに孵化しない理由について考えてみましょう。

卵に目が見えるのに孵化しないのはなぜか

卵に目が確認できるのになかなか孵化しない。

こんな時には水温を確認してみましょう。

親メダカの水槽で隔離ネットなどを使って卵を飼育している場合でも卵を隔離して育てている場合でも水温が低い時にはヒーターなどで保温してあげると卵が孵化する日数を短くすることができます。

また、室内などであまり光に当たっていないような場合には窓際などに卵を置いてしっかり日光浴をさせてあげましょう。

3月や4月くらいなら窓際に置いておいても高水温になることはありませんが、真夏には高水温に注意しながら管理するようにしてください。

いくら水温が高い方が孵化する日数が短くなるといっても30℃を超えるような水温はまた違った問題が起こってしまいますので注意が必要です。

卵に理想的な水温に25℃前後です。

目が見えた卵にカビが生えた

卵が好む水温は水カビなどの細菌類にとっても最適な水温となります。

また、死んでしまった卵などをそのまま放置しておくとカビの温床となってしまいます。

死んでしまった卵をしっかり除去していても卵の周りに付着している糸のようなものなどもカビやすいので気をつけなければなりません。

 

メダカの卵と糸
メダカの卵に付着している糸の役割とデメリット・取り方は?

メダカの卵に付着している糸の役割とデメリット・取り方は? メダカの卵に付着している糸のようなものは何? 卵に付着している糸の役割は? 卵に付着した糸はそのまま放置したほうが良いのか? デメリットがある ...

続きを見る

 

毎日水換えを行なっていればカビが生えてしまうことは少なくなりますが、水換えを怠っていると卵に目が確認できるようになる日数くらいが丁度水が悪くなる日数とも言えます。

もし卵の水換えをおこなっていないのであれば水換えをしましょう。

 

メダカの卵
水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え

水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え 初めてメダカの卵を育てる方必見!メダカの卵を育てるのに水道水を使っても大丈夫?その理由は?メダカの卵は水換えが必要?メダカの卵の簡単な孵化方法 ...

続きを見る

 

カビが生えてしまった卵でも中の稚魚がすぐにしんでしまうわけではありませんのでまだ可能性は残っています。

ただそのまま日数を要してしまうと稚魚が死んでしまう確率が高くなりますので処置が必要になってきます。

まずはヒーターを使用して水温を高め、孵化の日数を早めます。

さらに水換えにより新鮮な水を供給するようにします。

メチレンブルー溶液を使用して殺菌を行うのも非常に効果的です。

 

メチレンブルーで卵を育てる
メチレンブルーでメダカの卵を育てる!使用方法や最適な量・期間

メチレンブルーでメダカの卵を育てる!使用方法や最適な量・期間 メチレンブルーでメダカの卵を育てるといいと聞くけどなぜ? メチレンブルーはどのくらいの量入れればいいのか? メチレンブルーの濃度は?入れ過 ...

続きを見る

 

これでうまくいけば数日で稚魚が孵化してくれます。

もし卵が白濁してしまったり明らかに死んでしまっているようなときには他の卵に影響が出てしまいますので速やかに取り出しましょう。

メチレンブルーを使用して卵が青く染まってしまうようなら死んでしまった卵となります。

メダカの卵に目が見えてから孵化までまとめ

・メダカの卵の目は順調に成長すれば3日~4日くらいで確認できる

・無精卵や死んでしまった卵には目は確認できない

・なかなか目が確認できない=卵が死んでしまっているではない

・卵は順調に成長すれば10日ほどで孵化する

・水温や日照時間によって卵の孵化までの日数は変わる

・卵にカビが生えてしまっても稚魚が孵化することがある

・毎日の水換えやメチレンブルーでの管理は効果的

 

今回はメダカの卵に目が見えてから孵化までについてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

 

メダカの卵についてまとめましてので合わせてご覧ください

メダカの卵と水温
メダカの卵の孵化は水温で決まる!水温による孵化率の変化

メダカの卵の孵化は水温で決まる!水温による孵化率の変化 メダカの卵の孵化に最適な水温を知りたい。 水温の変化や水温差はどこまで大丈夫? メダカの卵を育てるのに水温30℃は高い? 冬に産まれたメダカの卵 ...

続きを見る

メダカの卵の色
メダカの卵の色の違いで起こっていること。透明・黒い・白濁それぞれの理由

メダカの卵の色の違いで起こっていること。透明・黒い・白濁それぞれの理由 メダカの卵の色の違いの理由を知りたい。 卵の色が透明なのは? 卵の色が白濁しているのは? 卵の色が黒いのはなぜ? 卵の色が青く染 ...

続きを見る

メダカの卵の孵化
メダカの卵の孵化率アップ!最適な温度と条件・容器選びの重要性

メダカの卵の孵化率アップ!最適な温度と条件・容器選びの重要性 メダカの卵の孵化率をアップさせて多くの稚魚を孵化させたい。 卵の孵化に最適な温度や条件とはどのようなものか? 卵の孵化用ケースやネット、孵 ...

続きを見る

産み付けられたメダカの卵
メダカが卵を産み付ける理由と場所 産みつけるまでにやるべきこと

メダカが卵を産み付ける理由と場所 産みつけるまでにやるべきこと メダカはどうして卵を産みつけるのか?メダカが卵を産みつけない理由は何か?メダカが卵を産みつけるのに最適な産卵床はどのような場所か?卵を産 ...

続きを見る

メダカの卵
メダカの卵は日光に当てるべきか 孵化までの飼育場所選びと日照時間

メダカの卵は日光に当てるべきか 孵化までの飼育場所選びと日照時間 メダカが産卵し、卵を親魚から隔離したもののどのような場所で育てるのが理想なのか?日光のあたる場所で育てるべきか?それとも直射日光は卵に ...

続きを見る

卵をぶら下げて泳ぐメダカ
初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング

初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング メダカの卵は水槽などの飼育環境では、産まれてすぐ人の手で取り、隔離して育てたほうが生存率が高まります。メダカの卵を取る理由や初心者でもできる簡 ...

続きを見る

白くカビたメダカの卵
メダカの卵が白い⁉︎カビ?原因と手遅れにならない為の対策

メダカの卵の色が白い⁉︎カビ?原因と手遅れにならない為の対策 メダカの卵の色がなんだか白い・カビ?透明感がなくなってきた?そんなメダカの卵の色の変化と成長におけるトラブル対策としてカビの原因や予防対策 ...

続きを見る

メダカの卵
メダカの卵の成長を観察 産卵から孵化までの日数と変化

メダカの卵の成長を観察 産卵から孵化までの日数と変化 メダカの卵が産まれてから孵化までの日数と様子を知りたい。メダカの卵の大きさは直径が1mm程度と小さいためその観察方法を知りたい。こんな疑問に対して ...

続きを見る

産卵中のメダカ
メダカの卵を見つけたら孵化率を高める3つのことを実施しよう

メダカの卵を見つけたら孵化率を高める3つのことを実施しよう メダカの卵を見つけたけれどどうしていいかわからない。 メダカの卵はそのままにしておいてもいいのか? メダカの卵の育て方を知りたい。 メダカの ...

続きを見る

メダカの卵
メダカの卵販売でメダカの卵を購入するリスクとメリット

メダカの卵販売でメダカの卵を購入するリスクとメリット 販売されているメダカの卵を育てるというメダカ飼育の楽しみ方。卵を購入することにより欲しい品種のメダカを安く手に入れることができる魅力は大きいもので ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカの産卵と卵
-

© 2021 メダカの飼い方.com