冬のメダカにビニールハウスを使うメリット・デメリット

※この記事では広告を表示しています。

冬のメダカのビニールハウス

メダカの越冬にビニールハウスは効果的?

メダカのビニールハウスのデメリットは?

メダカのビニールハウスのメリットは?

メダカの温室・ビニールハウスは手作りできる?

メダカの越冬にプチプチは効果的?

こんなメダカの越冬に関する疑問についてご紹介いたします。

メダカの越冬にビニールハウスは効果的?

冬のメダカの屋外飼育で、どうしても避けて通れないのが寒さの問題です。

メダカは日本の四季に対応出来る魚ですが、越冬には少なからずリスクがつきものです。

メダカを飼育している地域や環境によっては最悪の場合、水が凍りついてしまうことさえあります。

例え水が凍らない環境であっても、冬までに体力をしっかりつけられなかったメダカや稚魚などは冬の寒さで死んでしまう事もあります。

古来よりビニールハウス温室で冬の寒さから植物などを守る育成方法がありますが、そのような方法はメダカ飼育でも効果を発揮します。

さらにビニールハウスを使用する事でメダカだけではなく、ビオトープの植物も枯れずに越冬しやすくなります。

ビニールハウスは室内の温度を保つだけではなく霜除けや冷たい風を防ぐ効果もあります。

霜や夜間の冷たい風はビオトープに氷が張ってしまう原因にもなるためビニールハウスによる防寒対策は必須とも言えます。

メダカのビニールハウスのデメリット

ビニールハウスの保温効果は寒い時期には温度調整がしやすいですが、気温が上がる時期には蒸れやすいというデメリットがあります。

通気性が悪いと蒸れにより植物が枯れてしまうなどのトラブルに繋がりますので、気温に合わせて換気を行う事も必要となってきます。

また、素材の特性から経年劣化しやすく、年月が経つと美観を損ねるなどの問題もあります。

ビニールハウスで保温することにより冬でも水温を高く保てるメリットの反面、水温が高ければメダカの活性が下がらないので餌やりや水換えなどの世話が必要になってきます。

よって一年を通して世話をする期間が長くなります。

その期間を楽しいと取るか、デメリットと取るかは人それだと思います。

他にも当然のことですが、ビニールハウスを設置すれば、スペースが狭くなる、お金がかかるなどの問題も必ず出てきます。

ビニールは光を通しますが、何も無い環境に比べると遮光性があるため、ビオトープに差し込む光は減衰してしまいます。

年月を重ねることにビニールの表面が経年劣化をし、さらに透過率が下がります。

よって曇っている日などに日照不足になりやすい傾向にあります。

上部にチャックがあるものを選べば、チャックを開けることによって日差しの調整が出来ます。

このようにメダカのビニールハウスにもいつくかのデメリットがあります。

これだけビニールハウスのデメリットを挙げてしまうと「それならビニールハウスはやめておこう!」となってしまうかもしれませんが、当然それだけのデメリットを補うだけのメリットもたくさんあります。

メダカのビニールハウスのメリット

ビニールハウスは断熱性や防寒性に優れており、メダカの冬越しには最適なアイテムです。

冬には温度や湿度、光量を調節しやすいので、メダカの生育に最適な環境といえます。

冬までに体力をつけられなかった弱いメダカや、まだ成熟していない稚魚などは冬の寒さに耐えきれず、に落ちてしまう事がありますが、ビニールハウスで保温する事でそのようなメダカ達も越冬させることが出来る可能性が高まります。

さらに気密性が高いので中で園芸用ヒーターなどを使用することで温度を高く保つ方法もあります。

大掛かりな工具なども必要なく、比較的低価格で購入出来るのもビニールハウスの魅力です。

ほかにも

  • 鳥などの外敵からメダカを守る事ができる。
  • 湿度を保ち、水の蒸発を抑える。
  • 大雨や雪などの悪天候からメダカを守る事が出来る。

などの効果もあります。

このようなメリットとデメリットを理解したうえで、ご自身の飼育スタイルと照らし合わせてビニールハウスの使用を検討してみましょう。

メダカの温室・ビニールハウスは手作りできる?

メダカの温室やビニールハウスを手作りする事は可能ですが、素材の特性や作成技術をある程度習得する事は必要となってきます。

素人が作ると耐久性に問題が起こる事もありますので、手作りは意外なデメリットがあるとも言えます。

骨組み素材やビニール素材などをバラバラに購入すると思った以上に費用がかかってしまう事もあります。

作成にはそれなりの時間と手間がかかりますし、初めての手作りとなると完成がいつになるのか見えないこともあります。

その反面、手作りのメリットとしては好きなサイズや形が作れることが挙げられます。

メダカの越冬にプチプチは効果的?

本格的なビニールハウスの手作りは難易度が高いし、コストがかかりすぎる。

となると梱包用のプチプチなどを利用する簡易ビニールハウスなどもあります。

ビニールハウスと呼べるかどうかは微妙なラインですが、梱包用のプチプチでメダカのビオトープを覆うだけでも保温性をある程度保つことができます。

プチプチを使用する場合には止めるためにテープや抑えが必要となります。

ビニールハウスに比べると密閉性で劣る面がありますが、2重や3重に重ねることで断熱性能を高める事もできます。

メダカの冬とビニールハウスまとめ

  • メダカの越冬にビニールハウスを用いることで水温を高めに保つことができる
  • 水温を高めに保つ事で弱い稚魚や体力をしっかりつけることができなかった弱いメダカなどを越冬させやすくなる
  • ビニールハウスのメリットは保温性だが、気温が高い時期には蒸れの原因となってしまう
  • ビニールハウスを設置することで霜や風を防げるため、水面の凍結を防ぐ効果がある
  • ビニールハウスの手作りも可能だが、初心者には難易度が高く、意外なコストがかかることもあ

今回はメダカの冬対策としてビニールハウスを使用する方法についてご紹介しました。皆様のメダカの冬対策の参考にして頂けると幸いです。

よく読まれている記事

水カビ病のメダカ 1

メダカに綿のような白いふわふわが付いている。 メダカの水カビ病(わたかぶり病)ってどんな病気? 水カビ病の原因はなに? 水カビ病って他のメダカにうつるの? メダカの水カビの取り方や対策は? 水カビ病の ...

メダカの卵 2

メダカの卵が孵化しないのはなぜ? メダカの卵の孵化までの日数は何日? メダカの卵は孵化直前で死ぬことがある? メダカの卵の孵化までの様子とは? こんなメダカの卵の孵化までの日数と孵化しない理由などにつ ...

メダカの卵の取り方 3

メダカの卵は見つけ次第取らなければいけないのはなぜ? メダカの卵の取り方を知りたい。初心者でもできる? メダカの卵を取るタイミングも重要? 綿棒を使ってお腹から卵をとる取り方がある? 水草に産みつけた ...

メダカの卵 4

メダカの卵を見つけたらどうすればいい? メダカが産卵したら卵を取る?隔離が必要? メダカの卵を上手に育てる管理と飼育環境は? メダカが卵を産んだら放置しておいても大丈夫? こんなメダカの卵を見つけてか ...

卵をぶら下げたまま泳ぐメダカ 5

メダカのお腹に卵がついたままだけれど大丈夫? メダカが卵を産んでも水草などに産み付けない? メダカは卵をぶら下げたままで大丈夫なのか? メダカの卵の産みつけには産卵床が必要? こんなメダカのお腹に卵を ...

メダカの稚魚 6

親メダカから隔離していたメダカの稚魚は孵化からどのくらいの期間で親の水槽や睡蓮鉢に戻してよいのか。 子メダカを親の水槽に合流させるタイミングはいつ頃がいいのか? その目安は孵化からの日数なのか、それと ...

メダカの卵 7

メダカの卵の孵化までの様子を観察したい。 メダカの卵の育ち方を知りたい。 メダカの卵の経過日数による変化を知りたい。 メダカの卵の成長過程に興味がある。 メダカの卵の大きさを知りたい。 こんなメダカの ...

針子 8

メダカの針子の育て方を知りたい。 針子の生存率を高めるおすすめの餌の種類と与え方は? 針子飼育で最適な容器は? 室内で針子を育てる時の注意点は? こんなメダカの針子飼育の疑問についてご紹介します。 メ ...

白くカビたメダカの卵 9

メダカの卵が白いのはカビ? 卵のカビ・白いモヤの原因と予防方法を知りたい。 メダカの卵に白いモヤモヤ。放置しても大丈夫? 卵の白いモヤモヤ・カビの取り方を知りたい。 カビの除去には塩やメチレンブルーな ...

メダカの無精卵 10

メダカの卵の無精卵と有精卵の見分け方から無精卵の原因や無精卵が多い理由などについてご紹介いたします。 折角産まれたメダカの卵が孵化しない。なんだか卵の色がおかしい。 そんな時はもしかしたら無精卵かもし ...

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-メダカの屋外飼育
-,