メダカ飼育

メダカの水換えは毎日した方がいい?水換え頻度の決め方

2020年8月5日

メダカの水換えは毎日した方がいい?水換え頻度の決め方

メダカ

メダカを飼育していたら水換えは必ずしなければなりません。

しかし水換えはどのくらいの頻度で行うのがベストなのか?

メダカの水換えは毎日した方がいいのか?

頻繁に水換えを行うことはよくないことなのか?

メダカの水換えで起こり得る問題とメダカの水換え頻度の決め方についてご紹介いたします。

 

メダカの水換えは毎日した方がいいのか?

メダカの水換えは毎日した方がいいのかという疑問について考えてみましょう。

結論から言えば「毎日する必要はありません。」です。

 

水換えの頻度はメダカの飼育環境、飼育数、餌の量、気温や季節など様々な要因によって変わってきますが、基本的に毎日水換えをする必要はありません。

 

逆に毎日水換えをしなければ綺麗な水質を保てないような飼育環境だとしたら早急に今の飼育環境を改善することをお勧めします。

メダカの水換えは水換えをする理由と水換えによるリスクをしっかり理解して頻度を決めることが理想です。

水換えをする理由は大きくまとめると下記のようなものがあります。

・餌の食べ残しが沈殿するので排出するため

・メダカの排泄物を除去するため

・水が古くなるのを防ぐため

・グリーンウォーターが濃くなり過ぎるのを防ぐため

・水中に新鮮な酸素や二酸化炭素を取り込むため

 

水換えはこのような原因を除去し、水が汚れる前に行うことが理想とされています。常に綺麗な水(水質)を保つのが水換えです。

水換えをし過ぎると起こる問題

正しい水換えの方法をマスターし、水換えを行っていれば、水換えをし過ぎて起る問題はありません。

しかし、間違った水換えを行うとリスクがつきまとうもので、大量の水を毎日変えてしまうことは水質の急変や水温の急変につながり、メダカのストレスとなってしまいます。

水換えにとって大事なことは回数よりも量と方法です。

水換えの量は1回で全体の1/3くらいを限度としてこまめに行ったほうが水質や水温の急変を避けられます。

 

一番よくない水換え方法が長い間水換えをしていなく、水質が悪化してしまっている状態から一気に大量の水もしくは全ての水を換えてしまうことです。

 

飼育者的には水槽を掃除して綺麗になった気分になりますが、メダカにとっては環境の急変によるストレスが大きいのでそのような水換えは絶対にやめましょう。

例を挙げると1ヶ月で水槽の水を全て交換するとします。

1/3ずつ10日に1回のペースで交換する方法と1/2ずつ15日に1回のペースで交換する方法と全ての水を1ヶ月に1回交換する方法では同じ全交換でもメダカに与えるストレスに違いがあり、その分水換えによるリスクも高まるのです。

そのような理由から水が汚れる前に少しずつこまめに行い、水質を維持することが理想的な水換えです。

ここで理想的な水換えと表現したのには理由があります。

というのも水換え頻度に決まりはなく、1ヶ月に1回の水換え方法で水換えをしてもしっかりとした水換えの方法をマスターして、水質や水温を合わせた上で行えば問題なく水換えを行えるからなのです。

ただ、飼育経験が浅い初心者の方には水換えのリスクを少しでも抑えられる方法で水換えを行うことをお勧めします。

メダカの水換え頻度の決め方

さてそれでは実際にメダカの水換え頻度の決め方をご紹介いたします。

メダカ飼育では水が濁ってきたり、色が変わってきたら水換えの合図とも言われています。

その状態は様々な要因で変わってきますのでメダカの飼育環境で水換え頻度は決めなければなりません。

ただ、全く水換えの基準みたいなものも無いと考えにくいのでまずは2週間に1回、1/3程度の水換えを行うようにしましょう。

この頻度、この量であればメダカが水換えによって死んでしまうようなリスクはありません。

この頻度をベースとしてその他の要因を加味しながら頻度を変えていけるようにしましょう。

水換えの頻度を左右する要因には下記のようなものがあります。

・水換えの頻度は季節によって変わる

・メダカの数や飼育水の量で変わる

・餌を与える頻度や量で変わる

 

一つずつ理由と対応方法を少し掘り下げてみていきましょう。

メダカの水換え 春夏秋冬

春から夏にかけては水温が上がり、メダカが活発に活動する時期ですので餌を食べる量が増え排泄物も増えます。

よって水が汚れるスピードが速くなりますので必然的に水換えの頻度も高くなります。

秋になると徐々に水温が下がり出しますので水温の低下に合わせて水換え頻度も少なくしていく必要があります。

屋外飼育では過剰な水換えを行うとグリーンウォーターが薄くなり過ぎてしまうなどの問題もありますので注意が必要です。

グリーンウォーターの管理については下記ページをご覧ください。

冬眠前のメダカ
メダカの冬眠準備はいつ頃から始める?グリーンウォーターは大丈夫?

メダカの冬眠準備はいつ頃から始める?グリーンウォーターは大丈夫? メダカの冬眠準備はいつ頃からはじめるのか?メダカの冬眠にはなぜグリーンウォーターが必要なのか?メダカの冬眠とグリーンウォーター作りの関 ...

続きを見る

 

冬になりメダカが冬眠する季節になったら水換えはしないようにしましょう。

暖かくなるまでそっとしておいてあげてたまに減った分の水だけ足してあげる程度で問題ありません。

 

屋外池のメダカ
メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え

メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え メダカ飼育を始めて初めての冬。室内の水槽などで飼育しているメダカであれば、ヒーターを使用することにより水温を保つことも出来ますが、屋外の池 ...

続きを見る

 

メダカの数と水の量による水換え頻度の影響

メダカの数が多ければ多いほど水換えの頻度は高まります。

また、飼育容器によって左右される水の量も水換え頻度を決める要因の一つと言えます。

一番水換え頻度が高まる飼育方法は小さな容器に沢山のメダカを飼っている状態です。

逆に大きな水槽に少ない数のメダカを飼っていれば水が汚れるスピードは断然遅くなりますので水換え頻度も低くなるということです。

もし現状の飼育方法で水が汚れるスピードが速いと感じたら今よりも大きな水槽やメダカ鉢などに環境を変えてみるのも良い方法です。

メダカ鉢

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

餌を与える頻度と量による水換え頻度の影響

ここまで読まれた方ならこのことを詳しく説明しなくてもすぐに察しがつくことだとは思います。

餌は与えれば与えただけメダカの排泄物は増えますし、食べ残せば水の中で腐敗していきます。

そうなると水換え頻度を高めなければ綺麗な水は維持できません。よって餌の量を調整することで水換え頻度を管理できるのです。

水換え頻度まとめ

水換えは毎日する必要はない。

水換えは頻度以上に方法と量に気をつける。

水換え頻度は様々な要因で変わる。

季節や気温によっても水換え頻度は変わる。

メダカの数を少なめにすれば頻度は下がる。

餌の量や与える回数を抑えることでも水換え頻度は下げられる。

 

今回はメダカの水換え頻度についてご紹介しました。ご自身の飼育環境と照らし合わせて最適な水換え頻度を掴んでください。

水槽の水換え作業を効率よく楽にしてくれる便利アイテムもたくさんありますので活用してみてください。

水換えアイテム

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

 

メダカの水換えについてまとめましたので合わせてご覧ください

メダカと水道水
メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ!?水道水のカルキ抜きとめだか

メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ!?水道水のカルキ抜きとめだか メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ? 水道水はメダカにどのようなダメージを与える? めだかのための水道水のカルキ抜きとは? メダカの卵 ...

続きを見る

メダカの水換え方法
メダカの水換え方法 やり方が違うのは何故?自分に合った水換えとは

メダカの水換え方法 やり方が違うのは何故?自分に合った水換えとは メダカの水換え方法を知りたい。 聞いたり調べたりすると水換えのやり方が人それぞれ違うのは何故? 飼育スタイルの違いによって水換え方法も ...

続きを見る

メダカ
メダカが水換え後に死んだ 水道水や全部換水はリスクが高い

メダカが水換え後に死んだ 水道水や全部換水はリスクが高い メダカが水換え後に動かない。何か様子がおかしい。数日後に死んだ。そんな時には水換えの方法が間違っていた可能性があります。メダカ飼育で水換えはつ ...

続きを見る

屋外飼育のメダカ
屋外のメダカビオトープは水換え不要?水換えの頻度と方法

屋外のメダカビオトープは水換え不要?水換えの頻度と方法 屋外においてあるメダカビオトープやメダカ鉢は水換えの頻度を減らしたり、水換えを不要にすることも可能です。逆に屋内のメダカ水槽はそのような管理は難 ...

続きを見る

メダカの水槽掃除
メダカ水槽の掃除頻度と掃除の仕方!底砂やフン掃除も大事!

メダカ水槽の掃除頻度と掃除の仕方!底砂やフン掃除も大事! めだか水槽の掃除頻度はどのくらいがベスト? メダカ水槽の掃除の仕方を知りたい。 底砂やメダカのフン掃除はどうすればいい? 屋外メダカビオトープ ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカ飼育
-

© 2021 メダカの飼い方.com