メダカの産卵はいつから?産卵時期と産卵条件・室内飼育では?

2021年4月4日

メダカの産卵

メダカはいつから産卵を始めるのか?

メダカの産卵時期を知りたい。

メダカの室内飼育での産卵時期は?

メダカの産卵時期を決める条件とは?

産卵時期なのに産卵しないのはなぜ?

こんなメダカの産卵時期と産卵条件についてご紹介いたします。

メダカはいつから産卵を始めるのか

メダカの産卵について時期的な話をするならば「暖かくなってきたら」という言い方がふさわしいかもしれません。

メダカが産卵をして卵から稚魚が孵化するための温度や孵化した稚魚が餌にありつくための微生物の繁殖などを考えるとやはり多くの生物が活発に活動する時期が産卵にはふさわしい時期となります。

寒い冬に産卵をしても卵が孵化しませんし、たとえ孵化したとしても稚魚が食べる餌が無く餓死してしまうのが落です。

そのような理由からやはり産卵と季節的な温度の関係は切っても切れないものなのでしょう。

メダカがいつから産卵するのかについて下記記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。

卵の数と時期
メダカの卵の数と時期 産卵はいつから?産卵数と産卵回数は?

メダカはどのくらいの時期から卵を産むのか? メダカの産卵はいつから始まる? メダカはどのくらいの数の卵を産むのか? メダカの産卵数を増やすことはできるのか? こんなメダカの卵の数や時期に対する疑問につ ...

続きを見る

メダカの産卵時期

屋外飼育であれば通常4月くらいからメダカの産卵は始まります。

早ければ3月くらいから産卵が始まる地域もあり、地域による気温差があるので産卵時期にも差が出てくるのは当然のことでしょう。

また近年の温暖化で桜の開花が早まっているようにメダカの産卵も年々早くなっていく気がします。

産卵の終わりは産卵が始まった時期と同じような気温になってくる秋口で気温の低下とともに徐々に産卵をしなくなります。

年により残暑が残ることもありますが、10月くらいまでと考えていれば間違い無いでしょう。

メダカの産卵時期を決める条件

産卵時期が4月から10月くらいまでになる理由にはもちろんメダカの産卵条件と関係があります。

メダカの産卵時期を決める条件とは水温の上昇と日照時間です。

早い時期では水温が20℃に届くか届かないかくらいの時期から産卵が始まり、水温が安定して20℃を超えるようになってくるとメダカの産卵は活発に行われるようになります。

その頃になると自然と日照時間も伸びてきます。

メダカが産卵や繁殖を行うのに理想的な日照時間は12時間とも13時間とも言われています。

屋外の日当たりの良い場所でメダカを飼育していれば日照時間を気にしなくても自然と産卵に適した条件は整っていきますが、もし太陽の光が当たらない場所でメダカを飼育しているようでしたら置き場を再検討してみてください。

今まで全然産卵をしなかったメダカが数日で産卵を始めるようになることもあります。

栄養価の高い餌が豊富になる時期というのも関係しています。

メダカの餌となる微生物なども水温の上昇とともに活発に活動し繁殖を行うため、暖かくなるとメダカの餌が豊富になります。

そのような餌をたくさん食べることで栄養を蓄えたメダカは卵を産むことができるようになります。

室内飼育のメダカの産卵時期は?

屋外飼育のメダカが気温や日照条件によって産卵をしているのであれば室内飼育のメダカの産卵はどうなるのか?

メダカの産卵時期を決める条件から考えると室内飼育では条件が変わってしまうことは容易に想像が付きます。

メダカの産卵条件は水温20℃以上、日照時間12時間~14時間くらいと言われていますので室内飼育でもこの条件が整わなければ産卵は難しいでしょう。

逆にこの条件を意図的にそろえてあげればメダカの産卵を促すことができます。

水温は外気の変化に任せるか水槽用のヒーターを使用する。

日照時間に対しては照明を設置して規則正しい点灯を心がける。

餌をしっかり食べさせて産卵するための栄養を蓄えさせることも忘れてはいけません。

屋外では植物プランクトンや動物プランクトンが自然と繁殖してメダカの餌となりますが、室内では微生物の繁殖もなかなか進まないものです。

グリーンウォーターやミジンコなどを繁殖させて与えるようにすると良いでしょう。

特にミジンコなどの動物プランクトンは栄養価が高くメダカの産卵数や産卵回数にも差が出てきますのでおすすめです。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピングで探す
稚魚の餌ミジンコ
メダカの稚魚の餌にミジンコはいつから?ミジンコを与えるタイミングとメリット

メダカの稚魚の餌としてミジンコを与えるにはいつから与えれば良いのか? 稚魚にミジンコを与えるメリットは? 稚魚にミジンコを与えるデメリットはあるのか? ミジンコと人工フードの違いは? こんなメダカの稚 ...

続きを見る

室内のメダカ水槽で産卵を促す方法としてもう一つ。

多少コケが生えやすくなってしまう問題がありますが、水槽を太陽光の当たる窓際などに移動する方法があります。

窓際に水槽を置くことで室内にあっても太陽の恩恵を授かることができます。

太陽が登り明るくなれば光が差し込み、日没とともに暗くなる。

太陽光の差し込みにより水温が上昇する。

これで屋外飼育と近い環境を作ることができます。

産卵時期なのにメダカが産卵しない

産卵時期なのにメダカが産卵がしない時には何かしらの条件が不足しているはずです。

なぜ産卵しないのか?一つずつ産卵条件を確認してみてください。

メダカが産卵しない理由については過去の記事でまとめましたのでご覧ください。

産卵前のメダカ
メダカが卵を産まない!?産卵しない原因から考える産卵させる方法

メダカの産卵時期になっても、うちのメダカはなかなか卵を産まない。 メダカが卵を産まない原因はなに? メダカは室内では卵を産まない? こんなメダカが卵を産まない原因に関する疑問についてご紹介いたします。 ...

続きを見る

メダカの産卵時期と条件まとめ

  • メダカの産卵時期は「暖かくなってきたら」
  • 暖かくなってくるとメダカの餌が増える
  • 餌が増えるとメスのメダカが栄養をつけて卵を産みやすくなる
  • 稚魚の餌も増えるので稚魚が餓死せずに育つことができる
  • 水温は20℃以上、日照時間は12時間以上が理想
  • 室内飼育のメダカは季節の影響を受けにくいので産卵時期が狂うことが多い
  • 室内飼育であってもメダカの産卵に適した条件を整えてあげることで産卵する

今回はメダカの産卵時期と条件についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-メダカの産卵と卵
-