ペットボトルやプラケースでグリーンウォーター(青水)を簡単に作る作り方

ペットボトルやプラケースでグリーンウォーター(青水)を簡単に作る作り方

ペットボトルやプラケースでグリーンウォーター(青水)を簡単に作る作り方

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>ペットボトルやプラケースでグリーンウォーター(青水)を簡単に作る作り方

グリーンウォーターメダカメダカ飼育や金魚飼育に絶大な効果をもたらすグリーンウォーター。そのグリーンウォーターをペットボトルやプラケースを使い効率的に増やす(作る)方法をご紹介いたします。


ペットボトルでグリーンウォーターを作るメリット

グリーンウォーターを過去に何度も作ったことがある人でしたら、メダカの飼育容器にそのままグリーンウォーターを作るか、同じような容器をもう一つ用意してグリーンウォーター作りを行えばいいでしょう。

しかし、今までにグリーンウォーターを作ったことがない人やグリーンウォーター作りの知識があまりない人にとってはペットボトルでのグリーンウォーター作りをおすすめします。

その理由はペットボトルというコンパクトさから色々な条件や環境でグリーンウォーターを作ることが出来るため、ペットボトルを数本用意して一番最適な環境を見つけることもできるからです。

またペットボトルは水面だけではなく、側面からも太陽の光を取り入れることが出来るので太陽の光を必要とするグリーンウォーター作りにはもってこいの容器なのです。

ペットボトルをどこに置くか

グリーンウォーター作りではペットボトルをどこに置くかによってグリーンウォーターの出来に差が生じることも多々あります。

それはグリーンウォーターの素となっている植物プランクトンが成長するために必要な要素がペットボトルを置く環境によって変わってくるからです。

植物プランクトンは光合成を行いながら増殖をしていくため、光合成を活発にする要素をしっかり確保してあげる必要があるのです。

それは太陽の光であったり、適正な水温であったりとグリーンウォーター作りと環境は切っても切れない関係があるのです。

太陽の光はできるだけ長時間当たる場所にペットボトルを置いた方がグリーンウォーターの成長は促進されます。

しかし、ここで気を付けなければいけないことが水温の上昇です。

グリーンウォーター作りには水温管理が大事

植物プランクトンが一番活発に活動する水温は20℃~28℃前後と言われています。

多少の水温誤差は気にする必要はありませんが、明らかに水温の低下が著しい晩秋や冬はグリーンウォーター作りには向いていない季節となります。

逆に夏場は直射日光を当て続けることにより水温はどんどん上昇してしまい、30℃を軽く超えてしまうことも珍しくありません。

そうなると植物プランクトンの活動は鈍るうえ、水中の酸素濃度も著しく低下するためグリーンウォーター作りにはやはり向いていないと言えます。

よって春先や初夏などの気温が安定している時期は一日中外に置いておくだけでグリーンウォーターができますが、夏場には室内の窓辺に移動させたり、あまりにも暑い日中には木陰に移動させるなどの配慮が必要となってきます。

グリーンウォーターの作り方

グリーンウォーターを作るには植物プランクトンとそのプランクトンのエサが必要となってきます。

植物プランクトンのエサは硝酸塩やリン酸塩などで、それらは生物の排泄物やエサの食べ残しなどから作り出されます。

アクアリウムで俗に言う水を汚す原因が植物プランクトンの餌となるのです。

よって水道水をそのまま使うよりも飼育水を利用してグリーンウォーターを作った方が植物プランクトンのエサが確保できているので作りやすいのです。

飼育水をペットボトルに入れ、水温が20℃以上かつ28℃未満となるような環境にペットボトルを置きます。

その場合、太陽の光ができるだけ長く当たる場所が望ましいのですが、先にも述べたように水温の管理を優先するようにします。

あとは待つのみです。

グリーンウォーターが早くできる条件

グリーンウォーターが早くできる条件はやはり晴天が続くことでしょう。

太陽の光が弱まる雨や曇りの日が続くとグリーンウォーターができるまでに時間を要することとなります。

あとはグリーンウォーターの素となる植物プランクトンを種と出来ればいち早くグリーンウォーターを作ることが出来ます。

グリーンウォーターができている水槽などから種水をもらえれば、いち早くグリーンウォーターを作ることが出来ますが、身近にそのような環境がない方の方が多いかもしれません。

グリーンウォーターの素は販売されている

知り合いなどからもらえればいいのですが、そのような知人がいない場合にはグリーンウォーターの素となる植物プランクトンを購入することもできます。

通販などで販売されていますので一度試してみるのもいい方法かもしれません。

グリーンウォーターの素

Amazonで購入
楽天市場で購入



関連記事

  • メダカ飼育に最適!グリーンウォーターとは?正しいグリーンウォーター(青水)の作り方
  • 「メダカ飼育や金魚飼育にグリーンウォーター(青水)がいい」という話はよく聞く話ですが。グリーンウォーター(青水)ってそもそもなに>>続きを読む


  • メダカの飼育水が緑色!グリーンウォーターを透明にする方法・対策・除去
  • メダカの飼育には良いと言われているグリーンウォーターですが、メリットだけではなく、もちろんデメリットもあるため、除去したい、>>続きを読む


  • メダカの冬眠準備はいつ頃から始める?グリーンウォーターは大丈夫?
  • メダカの冬眠準備はいつ頃からはじめるのか?メダカの冬眠にはなぜグリーンウォーターが必要なのか?メダカの冬眠とグリーンウォータ>>続きを読む



    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ