初心者でもできる屋外飼育と屋内(室内)水槽でのメダカ飼育(育て方) メダカの飼い方.com

初心者でもできる屋外飼育と屋内(室内)水槽でのメダカ飼育方法 メダカの飼い方.com

初心者でもできる屋外飼育と屋内(室内)水槽でのメダカ飼育

メダカ

>>メダカの飼い方.com最新記事

メダカ飼育に挑戦してみたい初心者の方必見!屋外でのメダカの飼い方(育て方)から室内水槽での飼育方法までメダカを育てるうえでの注意点をわかりやすく紹介しています。


メダカの魅力と飼育

日本に生息するメダカは私たちにとっては最も馴染み深い魚で、体長はわずか3〜4cm程度しかなく、日本に生息する最小の淡水魚として知られています。

メダカは山奥の限られた場所や湖などの深い場所に棲むような魚ではなく、里山を流れる小川や田んぼなど、水があり人が暮らしているような場所でも普通に見られる種類の魚でした。

そのことがメダカを日本人なら誰でも知っている有名な淡水魚にしたのでしょう。

昔からメダカはその小ささ故に経済的な価値はほとんどなく、そのお陰で乱獲される事もなく、かといって大切に保護されていたこともありません。

ただ単にいつも私たちの周りの水辺で普通に暮らしていた魚だったのです。

しかし、我が国の急速な経済成長に伴って行われた都市開発などにより、自然の川や田んぼなどのメダカの生息環境そのものが奪われてしまい、その結果、日本各地で都市化が進んだ場所ではメダカ達がいつの間にか姿を消してしまったのです。

しかし、今でも都市開発があまり進んでいない地方に足を伸ばせばメダカにとっては欠かせない生息環境となる小川や田んぼなどの良好な水辺環境がまだ多く残っています。

そのためそのような場所では野生のメダカがたくさん生息しており、決して珍しい魚ではないのです。

もちろん、昔と比べれば日本全体ではメダカは確実に減っていますが、姿を消したのは主に都市部での話なのです。


数年前に話題になったメダカへの絶滅危惧種の指定も絶滅が危惧されている国内の一部の個体群に対する指定であり、日本各地にいる全てのメダカの絶滅が危惧されているわけではありません。

それでもやはり自然と見かけることが少なくなったメダカにどこか懐かしさを感じ飼育をはじめる方も多いようです。

メダカ

メダカは小さいながらも丈夫で飼いやすい淡水魚として古来より親しまれてきました。水草の影から顔を出す愛くるしさ、気がつくと稚魚が泳いでいたりする感動。

そんなメダカの魅力を感じられる心安らぐアクアライフを求め、メダカと一緒に小さな水辺を楽しむ暮らしをはじめてみませんか?

最新記事

  • メダカ飼育は難しい⁈初心者がやりがちな失敗と注意点
  • メダカ飼育 メダカ飼育を始めて「数日から数週間でメダカが死んでしまった」なんていう経験がある人からすればメダカ飼育は難しいと感じるでしょ>>続きを読む


  • メダカの稚魚を親の水槽に戻すタイミング・時期とコツ
  • メダカの稚魚 親メダカから隔離していたメダカの稚魚(赤ちゃん)は孵化からどのくらいの期間で親の水槽や睡蓮鉢に戻してよいのか。その目安は孵化>>続きを読む


  • メダカの卵は日光に当てるべきか 孵化までの飼育場所選び
  • メダカの卵 メダカが産卵し、卵を親魚から隔離したもののどのような場所で育てるのが理想なのか?日光のあたる場所で育てるべきか?それとも直射>>続きを読む


  • メダカの大量死の原因?夏場の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点
  • メダカ メダカが一斉に死んでしまうメダカの大量死。その理由は様々ですが、夏場に起きやすいメダカの大量死の原因と水温の関係についてご紹>>続きを読む


  • メダカはパイロットフィッシュに最適!その理由と扱い方
  • メダカはパイロットフィッシュに向いているのか?その答えはもちろん「はい」です。メダカがパイロットフィッシュに最適な理由と上手>>続きを読む


  • メダカ水槽の白濁りが治らない・臭い!?白く濁る原因と対策
  • メダカを飼育している水槽が白く濁る、臭い、なかなか治らないなどメダカ水槽の白濁りについて原因と対処方法をご紹介いたします。メ>>続きを読む


  • メダカと相性の良いタニシの飼育方法・餌・水温
  • メダカとタニシを一緒に飼育するメリットやタニシの好む飼育環境および飼育方法・餌などについてご紹介致します。メダカとタニシと言>>続きを読む


  • メダカの尾腐れ病は治る 尾腐れ病の原因と治療・塩浴
  • メダカの尾ヒレや各ヒレが白くボロボロになっていく病気に尾ぐされ病と呼ばれる病気があります。優雅で華やかな尾ひれこそメダカの>>続きを読む


  • メダカの白点病 原因と治療 鷹の爪・塩浴・薬浴それぞれの効果
  • メダカの白点病、その原因と治療方法についてまとめました。巷では水温を上げる・鷹の爪治療・塩浴治療・薬浴治療など様々な治療法が>>続きを読む


  • ヒメダカ・楊貴妃メダカの色揚げ方法 エサや容器で色合いも変わる
  • ヒメダカや楊貴妃メダカの赤みを増すなど、メダカの色合いを良くする飼育方法を「色揚げ」と呼びます。言うまでもなく、メダカを健康>>続きを読む


  • ヒメダカと楊貴妃メダカの違いと飼い方・育て方
  • ヒメダカと楊貴妃メダカは何が違うのか?また、ヒメダカと楊貴妃メダカの飼い方・育て方に違いはあるのか?メダカの中でも人気のある>>続きを読む


  • 襲う・捕食・食べる!?ミナミヌマエビとメダカ共存・混泳の事実
  • ネット上ではミナミヌマエビかメダカを襲う。ミナミヌマエビがメダカを食べるなどミナミヌマエビとメダカの混泳は不向きのような情報>>続きを読む


  • 屋外のメダカ水槽は水換え不要⁉︎水換えの頻度と方法
  • 屋外においてあるメダカ水槽やビオトープは水換えの頻度を減らしたり、水換えを不要にすることも可能です。ただ屋内のメダカ水槽はそ>>続きを読む




    よく読まれている記事

  • メダカが産卵したらやっておきたいこと 卵の生存率を高める隔離と孵化までの育て方
  • 産卵中のメダカ メダカの繁殖行動から産卵が確認出来たら稚魚が生まれてくるまで非常に待ちどおしい期間となりますが、ここでや>>続きを読む


  • メダカの卵が孵化しない 孵化までの日数や孵化直前の様子とは
  • メダカの卵 初めてのメダカの産卵。ドキドキとワクワクで稚魚が生まれてくるのを待ちわびていても、なかなか卵が孵化しない>>続きを読む


  • 水草などに卵を産みつけない 卵をつけたまま・ぶら下げたまま泳ぐメスのメダカ
  • 卵をぶら下げたまま泳ぐメダカ メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


  • メダカの卵が白い カビ?原因と手遅れにならない為の対策
  • 白くカビたメダカの卵 メダカの卵がなんだか白い・カビ?透明感がなくなってきた?そんなメダカの卵の成長におけるトラブル対策として>>続きを読む


  • 水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え
  • メダカの卵 初めてメダカの卵を育てる方必見!メダカの卵を育てるのに水道水を使っても大丈夫?その理由は?メダカの卵は水>>続きを読む


  • メダカに白い綿・カビ? 水カビ病
  • 白くカビたメダカ メダカの体表に白い綿状のものやカビのようなものが付着する病気に水カビ病があります。水カビ病はその名の通り>>続きを読む


  • メダカ飼育に最適!グリーンウォーターとは?正しいグリーンウォーター(青水)の作り方
  • グリーンウォーターに泳ぐメダカ 「メダカ飼育や金魚飼育にグリーンウォーター(青水)がいい」という話はよく聞く話ですが。グリーンウォーター>>続きを読む


  • 屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策
  • 屋外飼育のメダカ 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • 初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング
  • メダカの卵 メダカの卵は水槽などの飼育環境では、産まれてすぐ人の手で取り、隔離して育てたほうが生存率が高まります。メ>>続きを読む


  • メダカの飼育水が緑色!グリーンウォーターを透明にする方法・対策・除去
  • グリーンウォーターの中を泳ぐメダカ メダカの飼育には良いと言われているグリーンウォーターですが、メリットだけではなく、もちろんデメリットもある>>続きを読む


  • 野生のメダカを捕まえよう メダカを捕まえる準備といる場所の探し方
  • 田んぼで泳ぐクロメダカ メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で泳>>続きを読む


  • メダカの子供(稚魚)赤ちゃんメダカの育て方 餌やり・容器サイズ・水替え
  • メダカの稚魚 孵化直後の稚魚は体長4ミリメートルほとで水面付近の浮き草などの陰に寄り添うように浮かんでおりまだ泳ぎまわる>>続きを読む


  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの卵 屋外の睡蓮鉢やビオトープなどでの産卵となると毎日じっくり観察するのは難しいかもしれませんが室内での水槽飼育>>続きを読む


  • 藻は有害?駆除すべき?メダカ飼育で藻が増える時の対処法
  • メダカと藻 水槽やビオトープなどでメダカを飼育していると屋内屋外に関わらず、いつのまにか入れた覚えのない藻が生えてきて>>続きを読む