メダカが動かない!?冬のメダカ飼育 冬眠と水温の関係

メダカが動かない!?冬のメダカ飼育 冬眠と水温の関係

メダカが動かない!?冬のメダカ飼育 冬眠と水温の関係

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>メダカが動かない!?冬のメダカ飼育 冬眠と水温の関係

メダカ冬に向け日に日に寒さを増していく季節。つい最近まで元気に泳いでいたメダカが急に動かなくなった。なんだか動きが鈍い。もしかしたら病気?そんなときには水温を確認してみましょう。

もしかしたら水温の低下によりメダカの活動が鈍っているのかもしれません。


メダカが動かない

メダカは我々人間とは違い変温動物です。よって水温が低下すると活動が鈍り、動かなくなることもあります。

水温が15℃を下回った辺りから活動が鈍り、水温が10℃以下になると動かなくなることが増えてきます。

ただ、急に動かなくなるわけではなく、冬に向けて気温が低下していく中、徐々に餌を食べる量が減り、じっとしている時間が増えるのです。

それでも暖かい日などがあれば活発に動く日もあり、また夜になるとじっとするようになります。

季節が進み、さらに水温が下がると冬眠状態に入るので餌やりは控え、そっとしておいてあげましょう。

メダカ飼育 冬の飼い方

メダカ飼育では夏には高水温対策が必要ですが、冬にはヒーターの使用、不使用でそれぞれに飼育方法は異なってきます。

ヒーターを使用して水温管理を行なっている水槽であれば、特に気にかける必要はありませんが、ヒーター不使用で外気温の影響を受ける水槽では季節ごとに管理方法を変えなければなりません。

季節や気温を気にせず一年を通して同じような飼育方法ですとメダカを病気にさせてしまう可能性さえありますので季節ごとに気をつけなければいけない点をしっかり抑えておきましょう。

水温が下がる冬はとにかくそっとしておいてあげることです。

餌を食べる量が減るということは当然排泄物も少なくなりますし、夏場と違いバクテリアや微生物の活動も鈍くなりますので飼育水の汚れるスピードは遅くなります。

よって頻繁な水換えも必要ありません。

過剰な水換えは水質の急変や水温の急変を起こし、メダカの体調不良の原因を作ってしまうこともありますので注意しましょう。

冬は冬眠それともヒーター保温

メダカは熱帯魚などと違い、日本の四季に順応できる生き物ですので、冬の低水温でも問題なく飼育することは可能です。

池や睡蓮鉢の表面に氷が張るような季節でも水中は思ったよりも暖かいもので、メダカはより暖かい底の方で春をじっと待っているのです。

この話は屋外の池などで言えることですが、もし冬場のメダカ飼育において室内飼育やヒーターを使用した保温飼育が選択肢としてあるのなら、どちらがいいのでしょう?

自然に任せて過酷な環境で育てるのがいいのか、ヒーターを使用した保温飼育がいいのか?

それぞれの特徴を考えてみましょう。

屋外飼育で一冬越したメダカは体重を10%〜15%落とすとさえ言われるほど屋外で寒さを耐え凌ぐことは大変なことです。<

そのため飼育する側としてはメダカの冬越しのためにしっかりとした準備をしてあげる必要があります。

夏から秋にかけて栄養価の高い餌をたくさん与え、冬を越すための体力をつけさせたり、冬場のメダカの餌となる植物プランクトンを事前に増やしておくグリーンウォーター作りなどが挙げられます。

しっかりとした管理を怠ると体力不足で冬を越せないメダカも出てきてしまうこともあるのです。

このようにメダカの冬眠にはリスクもありますが、冬を越し、春を迎えたメダカは季節を感じ取り産卵行動へと移ります。メダカの繁殖を考えるのでしたら、四季を感じさせる冬眠も必要な要素となるでしょう。

逆にヒーターなどで保温された水槽で飼育しているメダカでは、常に一定の水温のため季節の変化を感じ取ることが出来ず、産卵しないことも多々あります。

ただ、水温をメダカの好む温度に保つことはメダカそのものを長生きさせることに繋がるのです。

実際に水質や飼育密度など水温以外の要素は最適な環境という設定にすると室内飼育のメダカのほうが長生きしやすいというデータもあります。

自然の事ですので絶対ということはありませんが、やはり冬眠はメダカにとって大変なイベントなのでしょう。


関連記事

  • メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え
  • メダカ飼育を始めて初めての冬。室内の水槽などで飼育しているメダカであれば、ヒーターを使用することにより水温を保つことも出来ま>>続きを読む


  • 冬のメダカの水温管理 水温変化と正しい水温の上げ方
  • 冬場のメダカ飼育の心配事と言えば水温の低下でしょう。メダカは水温が下がっても死なずに生きていけるのか?水温の変化によるメダカ>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ