襲う・捕食・食べる!?ミナミヌマエビとメダカ共存・混泳の事実

襲う・捕食・食べる!?ミナミヌマエビとメダカ共存・混泳の事実

襲う・捕食・食べる!?ミナミヌマエビとメダカ共存・混泳の事実

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>襲う・捕食・食べる!?ミナミヌマエビとメダカ共存・混泳の事実

ミナミヌマエビネット上ではミナミヌマエビかメダカを襲う。ミナミヌマエビがメダカを食べるなどミナミヌマエビとメダカの混泳は不向きのような情報もありますが、果たして真実はどうなのでしょう。

ミナミヌマエビとメダカの混泳について私の見解をご紹介いたします。


ミナミヌマエビとメダカの混泳・共存

まず、率直に結論から述べるとミナミヌマエビとメダカの混泳は可能です。

熱帯魚飼育でもメダカと同サイズのネオンテトラなどとミナミヌマエビの混泳などは普通に見られる飼育スタイルです。

ミナミヌマエビは水草水槽などでもコケ取り生体として重宝され、様々な生体と混泳しており、混泳対象を制限することはほとんどありません。

よって混泳対象がメダカに変わってもメダカを襲って食べるようなことはないのです。

ミナミヌマエビがメダカを好んで捕食するような凶暴性を持ち合わせていたら熱帯魚などのタンクメイトとして注目されることもなかったはずです。

ミナミヌマエビがメダカを襲うことはほぼ皆無

ミナミヌマエビはメダカを襲うこともなければ、捕食することもありません。

ミナミヌマエビよく考えてみてください。ミナミヌマエビが持ち合わせている爪はザリガニなどのように大きなものではありません。

目の前にある細かい餌やコケをツマツマしながら食べるのに丁度良いサイズの箸のようなものです。

また、ミナミヌマエビとメダカの大きさを比較しても捕食対象にしては大き過ぎるとは思いませんか?

このことを我々人間の話で例えてみるとマグロを箸で攻撃して捕まえるようなものです。

到底無理な話とわかるはずです。メダカを捕食するヤゴやミズカマキリなどはメダカを捕まえるための大きなカマを持っています。

このように生物は対象とする餌を捉えやすいように進化しているのです。

そのことも踏まえて考えるとミナミヌマエビはメダカを捕食対象としていないことはご理解頂けると思います。

では何故、ミナミヌマエビがメダカを捕食した。襲われた。食べられた。などという話がたまに聞かれるのでしょう。

その様を実際に見たわけではないので推測の域になりますが、ミナミヌマエビがメダカを食べている光景を目撃したからではないでしょうか。

確かにミナミヌマエビはメダカを食べます。

なに?ミナミヌマエビがメダカをたべる⁇

ミナミヌマエビはメダカを食べる

ミナミヌマエビは雑食性ですのでコケなどの植物性のものからメダカの餌の残りや生物の死骸やプランクトンなどの動物性のものまで何でも食べます。

よって死んだメダカはミナミヌマエビの餌となり得るのです。

また、死んでいなくても弱って沈んでいるようなメダカですとミナミヌマエビは餌と認識して寄ってたかって食べ始めることもあります。

これは自然の沙汰であり、自然界の一分解者(掃除屋)としてのミナミヌマエビの役割なのかもしれません。

このような光景を見た飼育者がミナミヌマエビがメダカを襲って食べた。もしくは捕食したと勘違いをしている可能性もあります。

健康な状態のメダカであれば襲われることはありませんが、死んでしまったメダカはミナミヌマエビの餌となるのです。

ミナミヌマエビはメダカの稚魚や卵も食べる

ミナミヌマエビの餌となるのは弱ったメダカや死んでしまったメダカだけではありません。

メダカの稚魚や卵も見つかれば食べられてしまう可能性は否定できません。

これは生物が自分より小さなものを餌と認識してしまうのと同じことで、あえて好んで食べているわけではないと思われます。

考えてみてください。メダカの親であっても稚魚や卵を食べてしまうので隔離して育てる方法が一般的となっています。

小さな水槽などで繁殖したメダカの卵や稚魚でしたら、食べられてしまう可能性は高いですが、屋外のビオトープや水草を沢山入れた水草水槽などでの繁殖なら、稚魚が生き残る可能性は大いにあります。

隠れ家を沢山作り、稚魚が逃げ込めるような場所を増やすことで自然の状態と同じような環境が出来上がるのです。

生まれた稚魚全てが生き残るわけではなく、自然淘汰されたものがいて、生き残るものもいる。

もしかしたらこれが一番生態系バランスの保てる方法なのかもしれません。



PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

PR

メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ