メダカの稚魚が室内飼育でぐんぐん育つ「メダカ元気育てる栄養ウォーター」

※この記事では広告を表示しています。

メダカの稚魚が室内飼育でぐんぐん育つメダカ元気育てる栄養ウォーター

メダカの針子や稚魚が室内で上手く育たない原因の一つが日光浴不足?

日光浴不足を補える?メダカ元気育てる栄養ウォーターとは?

育てる栄養ウォーターはどんな人におすすめ?

育てる栄養ウォーターの口コミや評判は?

こんなメダカの針子や稚魚が室内飼育でうまく育たない問題を解決してくれるメダカ元気育てる栄養ウォーターについてご紹介いたします。

メダカの針子や稚魚が室内で上手く育たない原因の一つが日光浴不足?

メダカの稚魚が健康的に成長するためには、十分な日光を浴びることが重要という事はよく知られています。

日光浴には

  • 水温を上げてメダカの代謝をよくする。
  • 日光の明るさでメダカの生活リズムを整える。
  • 体内で成長に必要な栄養素を作り出す。

などの効果があります。

その中で水温を高める事は室内でもヒーターを使用する事で補う事が出来ます。

また、明るさの維持も照明を使用する事で管理する事が出来ます。

しかし、最後の成長に必要な栄養素を補えない事で室内飼育ではメダカの針子や稚魚が育ちにくいのです。

そのため室内飼育では水槽を日光の当たる場所に置いたり、定期的に外で日光浴をさせてあげるなどの世話が必要となってきます。

しかし、飼育者の忙しさからメダカの日光浴時間が不足することもあります。

そのような状況では、太陽光から得られる栄養素が不足し、稚魚の成長に影響を与えてしまいます。

そんな問題を解決する一つの方法が、メダカ元気栄養ウォーターです。

ビタミンB3、ビタミンB6、パントテン酸などの各種ミネラルを配合した栄養ウォーターは、メダカの稚魚が日光浴で得られるビタミンを補い、健康的な成長を促します。

日光浴が十分にできない室内飼育や、日光浴による真夏の高水温トラブルを回避したい場合にも活用できます。

メダカ元気育てる栄養ウォーターとは?

メダカ元気 育てる栄養ウォーターは、メダカの稚魚の成長をサポートするための製品です。

製造メーカーはアクアリウム業界でも有名なGEXですので、製品の安全性や信頼性も抜群です。

この製品は特に、室内飼育や餌だけでは不足しがちな栄養を補うことに焦点を当てており、メダカの成長に必要なビタミンB3、ビタミンB6、パントテン酸と各種ミネラル類を配合しています。

メーカーの調査によれば、メダカの稚魚の体長増加量が約3倍にもなるとのことで、生存率も飛躍的にアップします。

また、ビタミンが栄養素の代謝、表皮・粘膜の健康維持をサポートします。

使用方法は非常に簡単で、使用量の目安を参考に、カルキを抜いた水や飼育水に入れ、軽くかき混ぜて使用します。

この栄養ウォーターは、餌だけでは補えない栄養を補い、メダカの稚魚の成長をサポートするためのものです。

忙しくてメダカに十分な日光浴をさせられない人や、日光浴による真夏の高水温トラブルを回避したい人にもおすすめです。

メダカ元気育てる栄養ウォーターはどんな人におすすめ?

メダカは太陽光を浴びることで成長に必要なビタミンの一部を体内で合成しますが、室内飼育では充分な日照を得られないことが多く、ビタミンB3、B6、パントテン酸などのビタミンやミネラルが不足しがちです。

よって

  • メダカを室内飼育で増やしたい人。
  • 針子や稚魚が室内で上手く育たない人。
  • メダカを外で飼う事が出来ない人。
  • 夏の高水温が心配な人。
  • メダカの屋外飼育は盗難などもあるので心配な人。

など様々な理由でメダカを室内飼育したい人におすすめの商品です。

メダカ元気育てる栄養ウォーターの口コミや評判

メダカ元気育てる栄養ウォーターは、使用者から多くの好評を得ています。

メダカの稚魚や針子の成長が早くなったとの声が多く、特に室内飼育をしている人からは、メダカの生存率が飛躍的に上がり、成長速度も他のメダカと比べて早いという評価を受けています。

また、メダカが死ににくくなったとの意見や、大容量で満足しているとの声もあります。

一方で、メダカの増えすぎに伴う管理の手間が増えるとの声もあり、一部のレビューでは「増えすぎが怖い」との、ちょっとユーモアな感想などもあります。

また、ある人は、製品を使用したことでメダカが以前よりも活発に動き回り、元気に育つようになったと述べています。

いくつかの口コミでは、製品の使用により稚魚の落ち率が減少したとのレビューもあります。

生き物である以上、稚魚が落ちてしまう事は完全に防ぐことはできないものの、「使わないともっと落ちてしまうような感覚」との意見も見られます。

メダカ飼育初心者からも、「メダカが死ににくくなった気がします。水に混ぜるだけなので、お手軽です」というような評価が寄せられています。

メダカの栄養補給の重要性を理解している人からは、人間同様に栄養が不足すると体調を崩す可能性があるため、製品の使用を続けているとの意見もあります。

また、リピート購入者からの評価も高く、その効果を評価するために、同じ環境下で製品を使用したメダカと使用していないメダカを比較してみたという報告もあります。

その結果、製品を使用したメダカは、使用していないメダカよりも1.5倍の速度で成長し、また落ちる針子の数も明らかに少ないという話もあります。

このような口コミを見る限り、『メダカ元気 育てる栄養ウォーター』はメダカの成長と生存率を高めるための効果的な製品であると言えるでしょう。

どうしても使用に不安が残る場合には、一度に全ての稚魚に使用せず、他の方のように「育てる栄養ウォーター」を使用した飼育と使用していない飼育で試してみるのも良いかもしれません。

それぞれに飼育環境などは違いますので、ご自身で試してみるのが一番正しい判断基準とも言えます。

メダカ元気育てる栄養ウォーターまとめ

  • メダカの針子や稚魚は十分な日光浴をしないと成長に必要とされる栄養素が不足して成長が鈍化してしまう。
  • 室内飼育は日光が当たりにくいため、屋外飼育に比べてメダカの稚魚が育ちにくい。
  • 室内飼育で不足しがちな栄養素を補ってくれるのがメダカ元気育てる栄養ウォーター。
  • 製造メーカーはアクアリウム業界でも有名なGEXですので、製品の安全性や信頼性も抜群。

今回はメダカ元気育てる栄養ウォーターについてご紹介しました。皆様のメダカ繁殖の参考にして頂けると幸いです。

よく読まれている記事

水カビ病のメダカ 1

メダカに綿のような白いふわふわが付いている。 メダカの水カビ病(わたかぶり病)ってどんな病気? 水カビ病の原因はなに? 水カビ病って他のメダカにうつるの? メダカの水カビの取り方や対策は? 水カビ病の ...

メダカの卵 2

メダカの卵が孵化しないのはなぜ? メダカの卵の孵化までの日数は何日? メダカの卵は孵化直前で死ぬことがある? メダカの卵の孵化までの様子とは? こんなメダカの卵の孵化までの日数と孵化しない理由などにつ ...

メダカの卵の取り方 3

メダカの卵は見つけ次第取らなければいけないのはなぜ? メダカの卵の取り方を知りたい。初心者でもできる? メダカの卵を取るタイミングも重要? 綿棒を使ってお腹から卵をとる取り方がある? 水草に産みつけた ...

メダカの卵 4

メダカの卵を見つけたらどうすればいい? メダカが産卵したら卵を取る?隔離が必要? メダカの卵を上手に育てる管理と飼育環境は? メダカが卵を産んだら放置しておいても大丈夫? こんなメダカの卵を見つけてか ...

卵をぶら下げたまま泳ぐメダカ 5

メダカのお腹に卵がついたままだけれど大丈夫? メダカが卵を産んでも水草などに産み付けない? メダカは卵をぶら下げたままで大丈夫なのか? メダカの卵の産みつけには産卵床が必要? こんなメダカのお腹に卵を ...

メダカの稚魚 6

親メダカから隔離していたメダカの稚魚は孵化からどのくらいの期間で親の水槽や睡蓮鉢に戻してよいのか。 子メダカを親の水槽に合流させるタイミングはいつ頃がいいのか? その目安は孵化からの日数なのか、それと ...

メダカの卵 7

メダカの卵の孵化までの様子を観察したい。 メダカの卵の育ち方を知りたい。 メダカの卵の経過日数による変化を知りたい。 メダカの卵の成長過程に興味がある。 メダカの卵の大きさを知りたい。 こんなメダカの ...

針子 8

メダカの針子の育て方を知りたい。 針子の生存率を高めるおすすめの餌の種類と与え方は? 針子飼育で最適な容器は? 室内で針子を育てる時の注意点は? こんなメダカの針子飼育の疑問についてご紹介します。 メ ...

白くカビたメダカの卵 9

メダカの卵が白いのはカビ? 卵のカビ・白いモヤの原因と予防方法を知りたい。 メダカの卵に白いモヤモヤ。放置しても大丈夫? 卵の白いモヤモヤ・カビの取り方を知りたい。 カビの除去には塩やメチレンブルーな ...

メダカの無精卵 10

メダカの卵の無精卵と有精卵の見分け方から無精卵の原因や無精卵が多い理由などについてご紹介いたします。 折角産まれたメダカの卵が孵化しない。なんだか卵の色がおかしい。 そんな時はもしかしたら無精卵かもし ...

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-針子と稚魚の育て方
-,