屋内飼育と屋外飼育どっちがお勧め?メダカの子供・稚魚の育て方

屋内飼育と屋外飼育どっちがお勧め?メダカの子供・稚魚の育て方

屋内飼育と屋外飼育どっちがお勧め?メダカの子供・稚魚の育て方

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>屋内飼育と屋外飼育どっちがお勧め?メダカの子供・稚魚の育て方

メダカメタガの稚魚を育てるには屋内と屋外どちらが育てやすいのか?また、屋内飼育と屋外飼育におけるメダカ飼育のメリット・デメリットも一緒にご紹介いたします。

まずは屋内でのメダカの稚魚の育て方と屋外でのメダカの稚魚の育て方の一例を挙げ、それぞれの違いも見ていきましょう。


屋内でのメダカの稚魚の育て方

屋内でメダカの稚魚を育てる人の多くは、水槽飼育している親メダカからの隔離のための隔離水槽を用意したり、簡易的にプラケースなどで飼育することが多のではないでしょうか。

この方法ですと室内の温度を一定に保てば、水温も維持できるので屋外に比べて稚魚にとっても過ごしやすい水温を保てるはずです。

ただ、室内では日光に当たることも少ないうえ、稚魚飼育用の容器に照明まで設置する人も少ないはずです。

私たち人間は、健康を維持するためにある程度の日光浴が必要なように、メダカにとっても日光浴は必要な要素となります。

また、飼育水が太陽の光を受けると、そこに植物プランクトンが発生し、その植物プランクトンがメダカの稚魚にとって最高のエサとなります。

しかし、室内ではその仕組みがうまく機能しないため、しっかりとした餌やりを行わないと稚魚の生存率は格段に下がってしまいます。

屋外でのメダカの稚魚の育て方

メダカの屋外飼育では、睡蓮鉢でのビオトープやプラ舟飼育、発泡スチロール飼育など様々な飼育方法が楽しめます。

どの飼育方法でも水草や浮き草などの植物と一緒に楽しめるのが屋外飼育の醍醐味とも言えるでしょう。

さらに屋外飼育では太陽の光をしっかり当てることができるので、飼育水がグリーンウォーターになりやすいものです。

グリーンウォーターは植物プランクトンにより形成されるもので、その植物プランクトンがメダカの稚魚の餌となるのです。

また植物プランクトンを捕食する動物プランクトンも増えやすく、バランスの取れた餌が供給できるので稚魚の餓死率が下がり、成長もはやくなります。

よって稚魚のエサを確保しやすく、稚魚を健康的に育てやすいのは、やはり自然の環境に近い屋外飼育となります。

ただ、屋外飼育にもリスクがあり、メダカの稚魚を捕食する天敵が存在します。それは、トンボの幼虫であるヤゴや蚊の幼虫であるボウフラです。

屋外ではボウフラにも注意

室内飼育では親メダカと一緒に飼育しない限りメダカの稚魚が襲われるようなことはないはずです。

しかし、屋外飼育では思いもよらない生物がメダカの稚魚の天敵となるのです。

ヤゴは親メダカであっても捕食対象とするため危険生物として広く知られています。

しかし、ボウフラは親メダカにとっては餌となりますが、稚魚にとっては捕食者となるのです。よってメダカの稚魚飼育ではボウフラが発生しないような環境作りが必要となってきます。

結局、メダカの稚魚はどちらで飼育するのが正解なのか?

自然の生態系をうまく作り上げたビオトープなどが作れるのであれば断然、屋外飼育の方が稚魚が元気に育ちます。

水草などで隠れ家をたくさん作れば親メダカと一緒に飼育することも可能です。

その場合、多少は食べられてしまうリスクもありますが、自然の摂理に任せて育てるというのも一つの育て方かもしれません。

室内飼育は環境面では安全ですが、稚魚のエサやりに対して屋外飼育以上にスキルと知識を必要とします。

メダカの稚魚のエサ

Amazonで購入
楽天市場で購入


どちらの飼育スタイルをとるかは飼育者次第ですし、どちらか一方を選ばなければいけないわけでもありません。

稚魚がたくさん生まれたらリスク分散の考え方からも両方のスタイルで飼育してみると違いがわかるかもしれません。

また、室内の水槽飼育しかしたことのない人でしたら、ビオトープなどでメダカを飼育することでビオトープ本来の素晴らしさも楽しむことができます。

ビオトープセット

Amazonで購入
楽天市場で購入



関連記事

  • メダカの稚魚の育て方
  • 孵化直後の稚魚は体長4ミリメートルほとで水面付近の浮き草などの陰に寄り添うように浮かんでおりまだ泳ぎまわる感じではありません>>続きを読む


  • メダカの稚魚は隔離するべきか
  • 飼育しているメダカがはじめて産卵し、稚魚が生まれた時などはメダカ飼育の中でも特に嬉しい出来事のはずです。そんな可愛いメダカの>>続きを読む


  • メダカの稚魚が死んでしまう⁉︎生存率や成長スピードに影響を与える要因
  • メダカが産卵し、待望のメダカの赤ちゃんが産まれても気がつくとなんだか数が減っている、大事に育てているのに死んでしまうなどメダ>>続きを読む


  • メダカの稚魚が成長しない理由から考える容器・置き場所・餌の量
  • メダカの稚魚がなかなか成長しない。その理由はなにか?メダカの稚魚がなかなか成長しない理由はいくつかありますが、その中でも容器>>続きを読む


  • メダカ飼育に最適!グリーンウォーターとは?正しいグリーンウォーター(青水)の作り方
  • 「メダカ飼育や金魚飼育にグリーンウォーター(青水)がいい」という話はよく聞く話ですが。グリーンウォーター(青水)ってそもそもなに>>続きを読む


  • ペットボトルやプラケースでグリーンウォーター(青水)を簡単に作る作り方
  • メダカ飼育や金魚飼育に絶大な効果をもたらすグリーンウォーター。そのグリーンウォーターをペットボトルやプラケースを使い効率的に>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

    PR

    メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ