メダカ飼育

メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ!?水道水のカルキ抜きとめだか

2021年6月8日

メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ!?水道水のカルキ抜きとめだか

メダカと水道水

メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ?

水道水はメダカにどのようなダメージを与える?

めだかのための水道水のカルキ抜きとは?

メダカの卵には水道水の方が良い!?

メダカの卵の水道水はいつまで大丈夫?

こんなメダカと水道水の関係についてご紹介いたします。

 

メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ?

「メダカに水道水をそのまま使うと死ぬ」この言葉の意味がすぐにわかる人はメダカ飼育における水質管理の知識が豊富な飼育者と言えます。

逆に「本当?」、「どういうこと?」と思ってしまう方はもしかしたら水道水の使い方を間違えていて過去にメダカを死なせてしまったことがあるかもしれません。

水道水は危険なものではありませんが、メダカ飼育では水道から出た水をそのまま使うことはあまりお勧めできません。

それは水道水がメダカやその他生物にダメージを与えてしまうことがあるからです。

水道水がメダカに与える問題をしっかり理解し、メダカへの負担を減らしてあげましょう。

水道水がメダカに与えるダメージ

水道水がメダカに与えるダメージには次のようなものがあります。

・水道水に含まれる塩素(カルキ)による粘膜へのダメージ

・水温差による温度ショック

・phの差によるペーハーショック

 

見た目には全く違いがわからない「水」ですが、水道水による水換えはメダカにとって全く違った水(環境)になってしまうものです。

「古い水から新しい水になるのだからメダカは喜ぶだろう。」

これは飼育者の勝手な思い込みかもしれません。

めだかにとっては一瞬にして生活環境が変わるのですからビックリして当然です。 

自然の中では緩やかな変化はあっても一瞬にして環境が大きく変わることはありません。

そのような事情を理解して水換え時は水温を合わせる。ペーハーショックを起こさないように少量ずつ水換えを行うなどの配慮が必要となります。

水温ショックとペーハショックを抑えることができればあとは塩素の対応になります。

水道水には殺菌のために微量の塩素(カルキ)が含まれていることは多くの人が知っていると思います。

水道水に雑菌を繁殖させない働きをする塩素は人にとってはありがたい存在ですが、メダカにとっては少々厄介になります。

水道水をそのままメダカの飼育水に使用すると塩素がメダカの体の表面にある粘膜を減少させてしまいます。

鱗に守られていない鰓などは特にダメージを受けやすい箇所と言われています。

その結果、病原菌などがメダカの体内に侵入しやすくなりメダカが体調を崩してしまいます。

そのような理由からカルキ抜きが必要不可欠なのです。

それなら川の水などを利用した方が良いのでは?と言った意見も聞こえてきそうですが、それもまた問題になることもあります。

殺菌されていない川の水はもしかしたらメダカを病気にしてしまう雑菌が多く含まれているかもしれません。

さらに川の上流の環境の変化がそのまま水質の変化に繋がってしまいますのでリスクが大きいと言えます。

また、近くに水質の安定している川があるという環境も少ないでしょう。

よってメダカを飼育するためには水道水を上手く使いこなすことが必要になってきます。

水道水のカルキ抜きとは

水道水の塩素を中和させてメダカへのダメージを無くす作業をカルキ抜きと呼びます。

カルキ抜きの方法にも色々ありますが、カルキ除去剤を使用する方法が環境の変化などの影響を受けずに一番手っ取り早い方法です。

 

カルキ抜き

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

もしカルキ抜き剤の購入に懸念がある方はカルキ抜き剤を使用しない方法などもネット上に色々紹介されていますので探してみるといいかもしれません。

※ここではその他のカルキ抜き方法は割愛させていただきます。

どのような方法でカルキ抜きをしても良いのですが、最終的にカルキがしっかり抜けていることを確認するようにしましょう。

カルキ抜きをしても塩素が残っているかどうかは目に見えるわけではありません。

よってしっかりカルキ抜きができているのかどうか不安要素が残ってしまいます。

残留塩素の測定ができるキットが市販されていますのでそのようなものを使って実際に塩素が除去できているかどうかを確認しておきましょう。

 

塩素チェッカー

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

少々余談になりますが、メダカにとっては良くない水道水の塩素(カルキ)がメダカの卵にとっては都合が良いことはご存知でしょうか?

メダカの卵には水道水の方が良い

メダカの卵を育てる時に問題になりやすいのが卵がカビてしまうことです。

卵をカビから守る方法としてよく用いられる方法が水道水による管理とメチレンブルーによる管理です。

どちらも殺菌力を利用して卵に雑菌を寄せ付けないようにしています。

卵は膜のようなもので守られていて塩素によるダメージを受けないためこのような方法で育てることができます。

過去の記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

 

メチレンブルーで卵を育てる
メチレンブルーでメダカの卵を育てる!使用方法や最適な量・期間

メチレンブルーでメダカの卵を育てる!使用方法や最適な量・期間 メチレンブルーでメダカの卵を育てるといいと聞くけどなぜ? メチレンブルーはどのくらいの量入れればいいのか? メチレンブルーの濃度は?入れ過 ...

続きを見る

メダカの卵
水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え

水道水OK⁉︎メダカの卵の簡単な育て方・孵化方法・水換え 初めてメダカの卵を育てる方必見!メダカの卵を育てるのに水道水を使っても大丈夫?その理由は?メダカの卵は水換えが必要?メダカの卵の簡単な孵化方法 ...

続きを見る

 

メダカの卵の水道水はいつまで大丈夫か

メダカの卵には都合の良い水道水の塩素ですが、メダカの稚魚には問題となってしまいます。

よって水道水をそのまま使えるのは稚魚が産まれる前までとしましょう。

その点、メチレンブルーは稚魚にダメージを与えないため卵が孵化するまでそのまま使用しても問題ありません。

メチレンブルーは金魚やメダカなどの病気の治療にも使われるものですのでそのような点から考えても安心です。

メダカと水道水の関係まとめ

・メダカに水道水をそのまま使うのは良くない

・水道水と飼育水の温度差による温度ショックを受ける

・水換えは温度を合わせてから行う

・phの違いによるペーハーショックも問題となる

・一度に大量の水換えを行うとphショックを起こす可能性がある

・塩素はメダカの体表の粘膜にダメージを与える

・カルキ抜きをしたら残留塩素を確認した方が良い

 

今回はメダカと水道水の関係についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

 

メダカの水換えについてまとめましたので合わせてご覧ください

メダカの水換え方法
メダカの水換え方法 やり方が違うのは何故?自分に合った水換えとは

メダカの水換え方法 やり方が違うのは何故?自分に合った水換えとは メダカの水換え方法を知りたい。 聞いたり調べたりすると水換えのやり方が人それぞれ違うのは何故? 飼育スタイルの違いによって水換え方法も ...

続きを見る

メダカの稚魚
メダカの稚魚・針子の水換え 安全なやり方と頻度を減らす方法

メダカの稚魚・針子の水換え 安全なやり方と頻度を減らす方法 メダカの稚魚の水換えはどのように行えばいいの? 特に針子と呼ばれる産まれてすぐの時期の稚魚は水換えをして大丈夫? 稚魚の水換えで気を付ける点 ...

続きを見る

メダカ
メダカが水換え後に死んだ 水道水や全部換水はリスクが高い

メダカが水換え後に死んだ 水道水や全部換水はリスクが高い メダカが水換え後に動かない。何か様子がおかしい。数日後に死んだ。そんな時には水換えの方法が間違っていた可能性があります。メダカ飼育で水換えはつ ...

続きを見る

メダカ
メダカの水換えは毎日した方がいい?水換え頻度の決め方

メダカの水換えは毎日した方がいい?水換え頻度の決め方 メダカを飼育していたら水換えは必ずしなければなりません。しかし水換えはどのくらいの頻度で行うのがベストなのか?メダカの水換えは毎日した方がいいのか ...

続きを見る

屋外飼育のメダカ
屋外のメダカビオトープは水換え不要?水換えの頻度と方法

屋外のメダカビオトープは水換え不要?水換えの頻度と方法 屋外においてあるメダカビオトープやメダカ鉢は水換えの頻度を減らしたり、水換えを不要にすることも可能です。逆に屋内のメダカ水槽はそのような管理は難 ...

続きを見る

屋外飼育のメダカ
メダカの屋外飼育 庭でのメダカの飼い方・容器・雨対策・水換え

メダカの屋外飼育 庭でのメダカの飼い方・容器・雨対策・水換え メダカの屋外飼育を始めたい。 庭でメダカを飼う時の飼い方を知りたい。 メダカの外飼いで最適な容器は? 屋外飼育での雨対策はどうする?雨水は ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカ飼育
-, ,

© 2021 メダカの飼い方.com