メダカの赤ちゃん・稚魚を元気に育てる餌やりとは?いつから・おすすめの餌・量・回数

メダカの赤ちゃん・稚魚を元気に育てる餌やりとは?いつから・おすすめの餌・量・回数

メダカの稚魚を元気に育てる餌やりとは?

メダカの飼い方.com>>メダカの雑学>>メダカの稚魚を元気に育てる餌やりとは?いつから・おすすめの餌・量・回数

メダカメダカの赤ちゃん・稚魚にはいつごろからエサを与えればいいのか?どのようなエサを与えればいいのか?おすすめのエサはあるのか?また、エサを与える回数や量などエサやり一つとってもいざ自分が行うとなると疑問ばかり。

そんなメダカの稚魚のエサやりに対する色々な疑問をまとめてみました。

メダカに限らず、稚魚を元気に育てるためには適切なエサやりが欠かせないものです。メダカの稚魚のエサやりをマスターして立派なメダカを育てましょう。


メダカの稚魚のエサやりはいつから

メダカの稚魚は産まれてから2、3日はお腹に抱えた栄養の入った袋(ヨークサック)から栄養を吸収していますので餌を与える必要はありませんが、放っておくとすぐに餌不足になってしまいますので、早めに餌は与え始めると良いでしょう。

エサを与え始める時期は遅いくらいなら早いくらいのほうがいいのです。早過ぎれば食べないので多少水質の悪化を起こしますが、遅すぎれば稚魚は餌不足で死んでしまいます。どちらを選びますか?

エサやりの回数と量

稚魚のエサやり回数と量は以下のような条件から算出されます。

稚魚の立場から考えると常に良質なエサがそばにあり、食べたいときに食べたいだけ食べられること。

飼育者の立場から考えると常にメダカの稚魚のそばにいられるわけではないので与えられるときに与えたい。さらに飼育環境から考えると過剰なエサやりは食べ残しや糞の量増加により水質の悪化を招くこととなります。

このことをまとめるとメダカの稚魚のエサやりは2、3分で食べきるくらいの少ない量を回数を増やし与えることが望ましいのです。

食べ残しが無い量を与えることでエサの腐敗を最小限に抑え、水質の悪化を抑えることができるうえ、時間の経ったエサを稚魚が食べてしまうことを防ぐ効果もあります。

その後、稚魚が餌を消化する時間を空けて次のエサやりを行うことが理想です。よく言われるのが朝から夕方にかけて3回~5回などです。

しかし、そのタイミングを間違えるとエサ不足になってしまったり、まだお腹がいっぱいで食べ残したりとなかなか難しいものなのです。

よって簡単に与えることのできる人工飼料の他にもゾウリムシやミドリムシなどの植物プランクトンなどの生きたエサも常に用意しておくことが稚魚を上手く育てるコツなのです。

植物プランクトンなどの活餌は入れておけば、いつでも稚魚が好きなときに食べられるうえに水を腐らせることもない優れものなのです。

稚魚に最適なエサとは?おすすめのエサ

昔は稚魚のエサと言えば親メダカのエサをすり潰して与えたものですが、今では稚魚専用のパウダー状のエサなども販売されています。

エサやりのタイミングを上手くつかめば、このエサだけでも十分稚魚を育てることは可能です。

メダカの稚魚のエサ

Amazonで購入
楽天市場で購入


さらに、グリーンウォーターの素となる植物プランクトンを用意できれば稚魚飼育に最適なエサの組み合わせとなります。


稚魚が餌を食べない

メダカの稚魚に餌を与えても食べないことがあります。その理由はいくつかあり、まだ生まれたばかりでヨークサックから栄養を得ているのでエサを食べる必要がないことや、エサをエサとして認識できていないことなどが挙げられます。

上記の問題は日数の経過や慣れによって解決していくものですので少々様子をみるしかありません。ただ、エサの種類によっては認識されにくいものもありますので、数種類のエサで試してみるのも一つの方法です。

フレーク状のエサ、植物プランクトンなどの生きたエサ、粉末のエサなど形状や性質の違う餌を幾つか組み合わせてあげてみるといいでしょう。

さらに季節によっては早朝の冷え込みなどにより水温が低下し、活動が鈍ることもありますので屋外飼育をしている場合には水温のチェックをしてみるといいでしょう。

茹で卵のすり潰したものは稚魚のエサになる?

茹で卵のすり潰したものを稚魚の主食として与えるのはいいのか?確かにそのような方法で稚魚を育てたという話も聞きますが、茹で卵だけでは栄養のバランスが悪く、お腹を満たすことはできても健康に成長できるかという点に疑問が残ります。

また、茹で卵は他のエサに比べて極端に飼育水を汚しやすいという性質があります。よってあまりおすすめできるエサではありません。


PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | ガーデニング | 苔育成 |

PR

メダカの知識

  • 意外と知らないメダカの知識
  • メダカの体と雄雌の見分け方
  • 野生のメダカを捕まえよう
  • 野生のメダカの捕まえ方
  • メダカの改良品種
  • メダカ飼育が人気な理由
  • メダカが耐えられる水温と水質

    メダカを飼う

  • メダカを飼う準備
  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • 水槽でメダカを飼う為のコツ
  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • メダカを元気に育てる餌選び
  • メダカを元気に育てる水質管理
  • メダカと混泳できるタンクメイト
  • メダカ水槽に水草を入れるメリット
  • メダカ飼育とエアーポンプの関係

    メダカの繁殖を楽しもう

  • メダカを殖やすには
  • メダカが産卵したらどうすればいい
  • メダカの卵を観察しよう
  • メダカの稚魚の育て方
  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メダカの稚魚は隔離するべきか

    メダカの種類

  • 野生のメダカ クロメダカ
  • 一番知られている ヒメダカ
  • 全身が白く輝く シロメダカ
  • 丸みが可愛い ダルマメダカ
  • シロメダカに似たアオメダカ
  • シロメダカに似たアルビノメダカ
  • 丁度中間体型な半ダルマメダカ
  • 輝きが美しいヒカリメダカ
  • ヒメダカに混ざって販売 ブチメダカ
  • メダカブームの火付け役 楊貴妃メダカ

    メダカとビオトープ

  • ビオトープの知識と魅力
  • ビオトープと光の関係
  • スイレンとメダカのビオトープ
  • 温帯性スイレンと熱帯性スイレン
  • ハスとメダカのビオトープ
  • 浮き草とメダカのビオトープ
  • トロ舟ではじめるビオトープ

    よく読まれている記事

  • 野生のメダカを捕まえよう
  • メダカは最近ではペットショップや専門店で買うものと思われがちですが少し郊外へ出ればまだまだ田んぼや水路で>>続きを読む


  • 小さな容器でメダカを飼う為のコツ
  • メダカは小型で丈夫な事からいろいろな飼育方法が選択出来ますが小さな容器で飼育するには小さな容器なりの管理>>続きを読む


  • 水槽の大きさとメダカの適正数
  • 水槽などでメダカ飼育をはじめるにあたって必ず頭に入れておきたい、もしくは検討しておきたい項目の一つが水槽>>続きを読む


  • メダカ飼育とエアーポンプの関係
  • メダカを飼うのにエアーポンプは必要なのか?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。エアーポンプとはアクア>>続きを読む


  • 屋外でメダカを飼う為のコツ
  • 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるようでしたらメダカの屋外飼育にもチャレ>>続きを読む


  • メダカ飼育が人気な理由
  • 私たちが子供の頃からメダカの魅力にはまり家庭でメダカを飼育している人はいましたが近年になり、そのメダカ飼育>>続きを読む


  • 卵をぶら下げて泳ぐメスのメダカ
  • メスのメダカは水温が10℃を超えたあたりから産卵準備に入り始め、15℃以上になると産卵を開始する>>続きを読む


    メダカの飼い方.comTOPへ