メダカ飼育

屋外飼育でメダカがいなくなる・食べられる・突然消える

2019年11月3日

屋外飼育でメダカがいなくなる(食べられる)

屋外ビオトープのメダカ

いつの間にかメダカがいなくなる。

メダカの姿が消えた。

もしかしたら食べられてしまった?

そんなメダカが居なくなる原因についてご紹介致します。

メダカは日本に棲息する淡水魚ですので、室内飼育はもちろん屋外で飼育することも可能です。

庭やベランダなどの屋外で睡蓮鉢などに入れてメダカを飼育することは小さな水辺を作り上げる楽しい飼育方法の一つと言えるでしょう。

しかし、いざ屋外飼育を始めてみたらいつの間にかメダカの数が減っている。

最悪の場合全滅なんてことも稀にですがあるものです。

なぜそのような事が起こるのか?その原因についてご紹介致します。

 

屋外のメダカがいなくなる理由

意外と知られていないことが多いですが、メダカの屋外飼育には気をつけなければいけない天敵がおり、その天敵たちに食べられている可能性もあります。

メダカの天敵に大切なメダカが襲われないようにまずはどのような生物が天敵となるのか。

どのような対策をすれば良いのかについてご紹介いたします。

トンボの幼虫 ヤゴはメダカにとって天敵

トンボの幼虫ヤゴ

トンボの幼虫として知られているヤゴはメダカの屋外飼育における最大の天敵と言える存在です。

トンボのメスは表面がキラキラ光るものを水面と認識し産卵を行いますので、メダカの屋外飼育のために水を満たしてある容器は基本的に全てトンボの産卵場所になると認識しておきましょう。

水中で孵化したヤゴは小さなうちはアカムシなどを食べて少しずつ成長します。

冬が来るとそのまま水中で越冬し、春になるとさらに大きくなってメダカを襲うようになります。

ヤゴの存在を確かめるには飼育容器の底を網で泥ごと掬い上げて確認します。

1匹見つかれば何匹も潜んでいる可能性がありますので春先などにスイレンの株分け作業を兼ねてヤゴのチェックを行うようにしましょう。

トンボの幼虫であるヤゴの対策はトンボが卵を産みつけられないようにネットなどを張っておくことです。

もしそのような対策がされていなくヤゴらしき生体を見つけたら複数いると思って徹底的に探しましょう。

カエルはメダカを食べるのか?

カエル

メダカを飼育しているビオトープで浮き草や睡蓮などを一緒に育てているといつの間にか葉の上で休憩しているカエルを見かけることがあります。

カエルはメダカを襲うことがあるのでしょうか。

近所に豊かな自然が残る地方にお住まいの場合はカエルの種類も多くなるので一概には言えませんが、家庭のビオトープにやってくるカエルはアマガエルかトノサマガエルであり、またはその種に近いシュレーゲルアマガエルやトウキョウダルマガエルなどでしょう。

それらのカエルはビオトープの水の匂いを嗅ぎつけて集まってきますが、水辺を好み水辺に飛んでくるハエや蚊、カゲロウなどの昆虫類を捕食していることが多く、メダカを食べることはありません。

カエルの中でも体長20cmくらいになるウシガエルはきわめて貧欲な性質のカエルで場合によってはメダカを食べることもあるかもしれませんが、ウシガエルは警戒心が強いので民家の庭先などではほとんど見かけません。

ましてや池などでしたら侵入してくる可能性は高いですが、スイレン鉢のような高さのある飼育容器ではあえてその高さを乗り越えてメダカを襲うことはまずないでしょう。

鳥もメダカを狙う

水辺に現れた鳥

鳥もまたメダカを餌とする天敵の一つです。

鳥の種類を限定することは難しく、色々な鳥たちがメダカを狙っていると思っていたほうがいいかもしれません。

1度メダカを食べて味をしめると毎日のように狙いに来て餌場になってしまいますので、防鳥ネットなどで近寄らせないようにしましょう。

また鳥は水槽やスイレン鉢のふちに足をかけてメダカを狙いますので止まり木的な場所から、水面が遠ければメダカを食べることができません。

よって睡蓮鉢やメダカ鉢でメダカを飼育しているのであれば水面を少し下げて水面まで届かないようにしてしまえば大丈夫です。

これら天敵の特徴をしっかり理解し、メダカが狙われないような対策を施しておきましょう。

 

メダカ鉢の蓋
メダカ鉢に蓋は必要!?その理由とお勧めの蓋

メダカ鉢に蓋は必要!?その理由とお勧めの蓋 メダカ鉢に蓋は必要か? 蓋が必要ならどのような蓋がいいのか? 蓋の使い方や注意点は? メダカ鉢にお勧めの蓋は? このようなメダカの屋外飼育のちょっとした疑問 ...

続きを見る

 

メダカの稚魚はボウフラに食べられる

ここまでは親メダカを狙う天敵についてご紹介してきましたが、メダカの稚魚となるとボウフラでさえ天敵となってしまいます。

親メダカであればボウフラを餌として食べてしまいますが、小さなメダカの稚魚はボウフラに狙われることもありますので注意が必要です。

 

関連記事
蚊の幼虫ボウフラ
メダカの赤ちゃんがボウフラに食べられる!稚魚水槽のボウフラ対策

メダカの赤ちゃんがボウフラに食べられる!稚魚水槽のボウフラ対策 メダカの赤ちゃん(稚魚)を隔離して育てていたらボウフラが沸いた。ボウフラをそのままにしておいても大丈夫?メダカの稚魚は親メダカ同様にボウ ...

続きを見る

 

屋外飼育でメダカがいなくなるまとめ

・トンボの幼虫であるヤゴはメダカの最大の敵。

・トンボが卵を産まないような対策が必要。

・小さなヤゴは越冬して春頃にメダカを捕食するようになる。

・カエルはメダカを食べることはないので安心。

・鳥類もメダカを狙ってくるが、水面まで届かなければ大丈夫。

・メダカの稚魚にとってはボウフラも天敵となる。

 

今回は屋外飼育でメダカがいなくなる原因と対策についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただければ幸いです。

 

メダカの屋外飼育についてまとめましたので合わせてご覧ください。

関連記事
夏のメダカ
メダカの大量死の原因?夏の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点

メダカの大量死の原因?夏の水温対策 屋外・室内それぞれの注意点 メダカが一斉に死んでしまうメダカの大量死。その理由は様々ですが、夏場に起きやすいメダカの大量死の原因と水温の関係についてご紹介致します。 ...

続きを見る

関連記事
屋外飼育のメダカ
屋外のメダカ水槽は水換え不要?水換えの頻度と方法

屋外のメダカ水槽は水換え不要?水換えの頻度と方法 屋外においてあるメダカ水槽やメダカ鉢は水換えの頻度を減らしたり、水換えを不要にすることも可能です。逆に屋内のメダカ水槽はそのような管理は難しいものです ...

続きを見る

関連記事
屋外飼育のメダカ
屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢

屋外(庭)のメダカ飼育でおすすめの容器は?水槽・発泡スチロール・睡蓮鉢 室内でメダカを飼育する場合には水槽や金魚鉢のような容器が一般的です。室内飼育では鑑賞目的重視の為、おしゃれな感じやインテリア性が ...

続きを見る

関連記事
屋外飼育のメダカ
屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策

屋外(庭)でのメダカ飼育のコツ・水換え・容器・雨対策 自宅の庭やベランダなどにメダカを飼う為の容器が置けるスペースがあるのならば、是非メダカの屋外飼育にもチャレンジして頂きたいものです。メダカは自然の ...

続きを見る

関連記事
屋外池のメダカ
メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え

メダカ飼育 屋外冬越し(冬眠)の注意点は?冬の餌やり・水換え メダカ飼育を始めて初めての冬。室内の水槽などで飼育しているメダカであれば、ヒーターを使用することにより水温を保つことも出来ますが、屋外の池 ...

続きを見る

メダカの屋外飼育
メダカの屋外飼育 置き場所は夏と冬で変えるべきか

メダカの屋外飼育 置き場所は夏と冬で変えるべきか メダカの屋外飼育では容器をどこに置くのがいいのか? メダカを置いてはいけない場所はあるのか? 夏と冬で置き場所を変えた方が良いのか? 屋外では置き場所 ...

続きを見る

 

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-メダカ飼育
-

© 2021 メダカの飼い方.com