メダカの水温は何度が良いのか?最低水温・最高水温は?

※この記事では広告を表示しています。

メダカと水温

メダカの水温は何度が良いのか? 

メダカは最低水温何度まで大丈夫?

メダカは最高水温何度まで大丈夫?

水温の違いによるメダカへの影響は?

メダカの稚魚に最適な水温は?

メダカの水温管理で気をつける点は?

こんなメダカ飼育における水温の問題についてご紹介いたします。

メダカ飼育の最適な水温

日本各地に野生のメダカが生息していることからもわかるようにメダカはかなり広い範囲の水温に適応できる魚です。

自然の中でメダカは0℃~38℃くらいまでの水温に耐えることができると言われています。

実際に0℃となると水が凍ってしまう温度ですが、メダカは水が凍ってしまっても少しの間でしたら仮死状態になって耐え凌ぐことさえできます。

以前NHKの「ダーウィンが来た」という番組でメダカの驚くべき能力として紹介されていました。

ただ流石にそこまでの過酷な環境でメダカを飼育することは避けたいものです。

メダカが適応できる広い水温の中で25℃から前後3℃くらいまでがメダカにとって最適な水温となります。

水温が25℃前後となる季節にはメダカの活動が活発になり餌も沢山食べますし、繁殖も盛んに行うようになります。

しかし日本には四季があり季節ごとに水温の変化があるため、メダカの屋外飼育では季節ごとの水温に適応しながらメダカを育てなくてはなりません。

水温の変化によってメダカにはどのような影響が出るのでしょうか。

10℃以下冬の水温によるメダカへの影響

メダカは人や動物などと違い周囲の温度が下がるとその影響を受けて体温も下がってしまう変温動物です。

よって水温が低下する冬にはメダカの体温も低くなります。

水温が10℃以下になるとメダカの代謝は極端に下がりほとんど動かなくなります。

そのため餌も食べなくなりますので餌やりを控えましょう。

水中に枯葉などがあるとその枯葉の下に潜り込むように隠れ冬眠に入ります。

水温が10℃以下の時には水換えなども控えて暖かくなるまでそっとしておいてあげましょう。

春の水温20℃から変わるメダカへの影響

春が近づき気温の上昇ともにメダカも少しずつ活動を始めます。

天気の良い日などには水面近くを泳ぐようになりますので泳ぎ出したら少しずつ餌を与えましょう。

水温が20℃を超えるようになると餌ぐいも良くなり繁殖に向かって体力をつけるようになります。

メダカは水温の上昇と日の長さの変化を感じ取って産卵時期を迎えるようになります。

よって出来るだけ日当たりの良い場所に置いてあげるようにしましょう。

30℃以上夏の水温によるメダカへの影響

メダカは暖かい水温と日向ぼっこが好きですが、夏の高水温には注意しなければなりません。

水温が30℃以下で安定している時期なら問題ありませんが、水温が30℃を超えてしまうような時には暑さ対策が必要となってきます。

すだれなどで日陰を作ってあげて日向と日陰をメダカが好きな時に行き来できるようにしておくと良いでしょう。

また水量の少ない飼育容器では水温の変化が激しく酸欠にもなりやすいですので出来るだけ水量を稼げる大きな容器で飼育することも高水温対策となります。

メダカは38℃くらいまで耐えられるという話をしましたが、それは水温に限った話であり、酸欠状態になってしまっては流石に耐えることはできません。

水中の酸素量は水温の変化とともに変化し、水温が上がると酸素は少なくなります。

もし、夏にメダカが水面近くでパクパクしていたり、泳ぎ方がふらふらしていたら高水温による酸欠の可能性がありますのでエアレーションで酸素供給をするようにしましょう。

この時に水温が高いからといって急に冷たい水で水換えをするような行為は避けましょう。

メダカの稚魚に最適な水温

水温が高くなる春から秋にかけてはメダカの繁殖シーズンです。

よってこの頃の水温がメダカの稚魚にとって最適な水温と言えます。

水温計の数値で言うと26℃〜28℃くらいがメダカの稚魚がもっとも成長しやすい水温です。

自然の中ではメダカの産卵や卵の孵化は最適な水温の時に行われることが多いため屋外飼育などでヒーターを用いる必要はありません。

春先など朝晩の冷え込みが残る季節には日当たりの良い場所で稚魚を飼育してあげてしっかり水温を温めてあげましょう。

真夏には日中に理想の水温より高くなってしまうこともありますので、すだれや水草などでしっかり日陰を作ってあげて稚魚が休める場所を確保してあげるとよいでしょう。

室内水槽飼育であればヒーターの設置を行うことで一年中稚魚に最適な水温を維持することができます。

急激な水温の変化は避ける

メダカは非常に広い水温に適応できる魚ですが、それは自然の中でゆっくりと変化していく水温に対しての話です。

自然の中ではあり得ないような急激な水温の変化には対応できずに体調を崩してしまいます。

あまりにも極端な温度差の時にはそのままショックを受けて死んでしまうことさえありますので注意しましょう。

メダカと水温の関係まとめ

  • メダカは0℃~38℃くらいまでの水温に耐えることができる
  • メダカの好む最適な水温は25℃前後3℃くらい
  • 水温が10℃以下になると活動が極端に鈍る
  • 水温が30℃を超えるような時には高水温対策が必要
  • 稚魚に最適な水温は26℃〜28℃
  • メダカは急激な温度変化には極端に弱い

今回はメダカと水温の関係についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

よく読まれている記事

水カビ病のメダカ 1

メダカに綿のような白いふわふわが付いている。 メダカの水カビ病(わたかぶり病)ってどんな病気? 水カビ病の原因はなに? 水カビ病って他のメダカにうつるの? メダカの水カビの取り方や対策は? 水カビ病の ...

メダカの卵 2

メダカの卵が孵化しないのはなぜ? メダカの卵の孵化までの日数は何日? メダカの卵は孵化直前で死ぬことがある? メダカの卵の孵化までの様子とは? こんなメダカの卵の孵化までの日数と孵化しない理由などにつ ...

メダカの卵の取り方 3

メダカの卵は見つけ次第取らなければいけないのはなぜ? メダカの卵の取り方を知りたい。初心者でもできる? メダカの卵を取るタイミングも重要? 綿棒を使ってお腹から卵をとる取り方がある? 水草に産みつけた ...

メダカの卵 4

メダカの卵を見つけたらどうすればいい? メダカが産卵したら卵を取る?隔離が必要? メダカの卵を上手に育てる管理と飼育環境は? メダカが卵を産んだら放置しておいても大丈夫? こんなメダカの卵を見つけてか ...

卵をぶら下げたまま泳ぐメダカ 5

メダカのお腹に卵がついたままだけれど大丈夫? メダカが卵を産んでも水草などに産み付けない? メダカは卵をぶら下げたままで大丈夫なのか? メダカの卵の産みつけには産卵床が必要? こんなメダカのお腹に卵を ...

メダカの稚魚 6

親メダカから隔離していたメダカの稚魚は孵化からどのくらいの期間で親の水槽や睡蓮鉢に戻してよいのか。 子メダカを親の水槽に合流させるタイミングはいつ頃がいいのか? その目安は孵化からの日数なのか、それと ...

メダカの卵 7

メダカの卵の孵化までの様子を観察したい。 メダカの卵の育ち方を知りたい。 メダカの卵の経過日数による変化を知りたい。 メダカの卵の成長過程に興味がある。 メダカの卵の大きさを知りたい。 こんなメダカの ...

針子 8

メダカの針子の育て方を知りたい。 針子の生存率を高めるおすすめの餌の種類と与え方は? 針子飼育で最適な容器は? 室内で針子を育てる時の注意点は? こんなメダカの針子飼育の疑問についてご紹介します。 メ ...

白くカビたメダカの卵 9

メダカの卵が白いのはカビ? 卵のカビ・白いモヤの原因と予防方法を知りたい。 メダカの卵に白いモヤモヤ。放置しても大丈夫? 卵の白いモヤモヤ・カビの取り方を知りたい。 カビの除去には塩やメチレンブルーな ...

メダカの無精卵 10

メダカの卵の無精卵と有精卵の見分け方から無精卵の原因や無精卵が多い理由などについてご紹介いたします。 折角産まれたメダカの卵が孵化しない。なんだか卵の色がおかしい。 そんな時はもしかしたら無精卵かもし ...

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-メダカ飼育
-