生まれたてのメダカの赤ちゃん(針子)の育て方 餌はどうする?

2021年4月14日

メダカの赤ちゃんの育て方

メダカの赤ちゃんが生まれた。

メダカの赤ちゃんの餌は何を与える?

生まれたてのメダカの赤ちゃんの育て方を知りたい。

メダカの赤ちゃんの育て方の注意点は?

こんなメダカの赤ちゃんの育て方についてご紹介いたします。

メダカの針子についてはこちらのまとめ記事をご覧ください。

まとめ記事
針子
メダカの針子の育て方 成長は餌と飼育容器で変わる

メダカの針子の育て方を知りたい。 針子の生存率を高めるおすすめの餌の種類と与え方は? 針子飼育で最適な容器は? 室内で針子を育てる時の注意点は? こんなメダカの針子飼育の疑問についてご紹介します。 メ ...

続きを見る

メダカの赤ちゃんが生まれた

屋外のビオトープなどでメダカを飼育していると気が付いたらメダカの赤ちゃんが泳いでいることがあります。

メダカの赤ちゃんは気温が20℃を超えるようになる4月頃から気温が下がり始める10月頃までの間で見られるようになります。

そんなメダカの赤ちゃんですが、生まれたばかりの頃は針のように細くか弱い事から、「針子」と呼ばれています。

メダカの赤ちゃんはこの針子の時期をどのように乗り越えるかで生存率が変わってきます。

針子と呼ばれる赤ちゃんの時期は2週間から1ヶ月ほどでその後は稚魚や幼魚などと呼ばれるようになります。

よって「針子の時期=メダカの赤ちゃん」、「幼魚の時期=メダカの子供」と考えるとわかりやすいでしょう。

生まれたての針子の餌は何を与える?

メダカの赤ちゃんの時期をうまく乗り越えるために一番重要とも言えるのが餌です。

メダカの赤ちゃんにどんな餌を与えるのか?

どのくらいの餌の量や頻度で与えるのか?

いつ頃から与えるのか?などメダカの赤ちゃんの餌やりに対する疑問は意外と多いものです。

そんなメダカの赤ちゃんの餌やりについては過去の記事でまとめましたので下記の記事をご覧ください。

メダカの赤ちゃん
メダカの孵化!稚魚の餌はいつから?稚魚におすすめの餌と回数

メダカの赤ちゃん・稚魚にはいつから餌を与えればいいのか? メダカの赤ちゃんのエサはどのような餌を与えればいいのか? おすすめのエサは? メダカの子供と親では食べる餌が違う? また、エサを与える回数や量 ...

続きを見る

PSBとは
メダカの稚魚・針子の餌psb(光合成細菌)とは 使い方や量と効果

メダカの稚魚や針子の飼育にpsb(光合成細菌)がいいって聞くけどpsbってなに? psb(光合成細菌)がメダカの稚魚(針子)の生存率を高める? psb(光合成細菌)ってどうやって使うの?その効果は? ...

続きを見る

グリーンウォーターと稚魚
グリーンウォーターでメダカの針子・稚魚飼育!餌なしOK!?濃さは?

メダカの針子・稚魚飼育にグリーンウォーターを使いたい。 グリーンウォーターで育てれば針子・稚魚は餌なしでも育つ? 稚魚に最適なグリーンウォーターの濃さとは? こんなメダカの稚魚飼育とグリーンウォーター ...

続きを見る

稚魚の餌ミジンコ
メダカの稚魚の餌にミジンコはいつから?ミジンコを与えるタイミングとメリット

メダカの稚魚の餌としてミジンコを与えるにはいつから与えれば良いのか? 稚魚にミジンコを与えるメリットは? 稚魚にミジンコを与えるデメリットはあるのか? ミジンコと人工フードの違いは? こんなメダカの稚 ...

続きを見る

生まれたてのメダカの赤ちゃんの育て方

生まれたてのメダカの赤ちゃんは親のメダカと一緒にしておくと食べられてしまうこともあります。

よってメダカの赤ちゃんの飼育は親のメダカとの隔離から始まります。

メダカの繁殖経験のある人は卵の頃から親メダカと隔離をして育てる人も多いものです。

親メダカと隔離したメダカの赤ちゃんの育て方については下記記事をご覧ください。

メダカの稚魚
メダカの稚魚は親メダカと隔離する?一緒に飼育する?

メダカの稚魚は親メダカと一緒に飼育していいのか? 隔離して育てたほうがいいのか? メダカの稚魚を隔離しないで育てる方法を知りたい。 そんなメダカの稚魚飼育に対する疑問にお答えします。 メダカの親魚は稚 ...

続きを見る

稚魚の移動と水合わせ
メダカの稚魚(針子)の移動と水合わせ方法・時間

メダカの稚魚(針子)の移動ってどうしたらいい? そもそも稚魚は移動した方がいいのか? 移動の時の水合わせは必要? メダカの稚魚(針子)の水合わせは何故行うのか? メダカの稚魚(針子)の水合わせ方法を知 ...

続きを見る

稚魚の成長速度
メダカの稚魚を早く成長させる 稚魚の成長速度を早める方法

メダカの稚魚を早く大きくしたい。 メダカの赤ちゃんを大きく育てるには? 稚魚の成長速度を早めるにはどうしたら良いか。 稚魚の成長スピードは育て方で変わるのか? こんなメダカの稚魚の成長速度と育て方の関 ...

続きを見る

メダカの稚魚
メダカの針子や稚魚にエアレーションは必要?効果とデメリットから検証!

メダカの針子や稚魚にエアレーション(ブクブク)は必要? メダカの稚魚にエアレーションをする効果とデメリットは? メダカの赤ちゃん針子や稚魚の酸素はどうする?エアレーションの代わりになるものは? メダカ ...

続きを見る

メダカの赤ちゃんの育て方注意点

メダカの赤ちゃんを育てる時の注意点を赤ちゃんが死んでしまう原因から考えてみましょう。

メダカの赤ちゃんが死んでしまう原因は色々ありますが、下記に挙げる項目がよくある問題です。

  • 餌不足による餓死
  • 水質の悪化
  • 水温の低下
  • 食べられてしまう

このような問題を上手く解決しながらメダカの赤ちゃんを育ててあげれば元気に大きく育ってくれるはずです。

餌不足による餓死については「メダカの赤ちゃんの餌は何を与える?」のところでご紹介しましたので残りの項目について一つずつご紹介いたします。

水質の悪化とは餌の与え過ぎなどにより水が汚れてしまう事を指します。

水が汚れてくると濁りや臭いが出てきますので毎日観察をしているとその変化に気がつくはずです。

メダカの赤ちゃんに限らず水の中で生活する生き物は水質の悪化を嫌い、綺麗な水を好むものです。

水質が悪化すると目には見えない有害物質が蓄積してメダカの寿命を縮めてしまいますので気をつけたいところです。

水質の悪化を防ぐには

  • 餌を与え過ぎないようにする
  • 食べ残した餌はこまめに掃除する
  • 小さな容器に沢山の稚魚を入れない
  • 定期的な水換えを行う

水槽用のスポイトなどで底に溜まったフンや餌の食べ残しを定期的に吸い取ることで水質の悪化を遅らせることもできます。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピングで探す
メダカの稚魚
メダカの稚魚・針子の水換え 安全なやり方と頻度を減らす方法

メダカの稚魚の水換えはどのように行えばいいの? 特に針子と呼ばれる産まれてすぐの時期の稚魚は水換えをして大丈夫? 稚魚の水換えで気を付ける点は? 稚魚の水換え頻度を減らして水換えのリスクと手間を減らす ...

続きを見る

水温の低下もまた赤ちゃんの成長に関係してきます。

メダカの卵の孵化にとって最適な水温は25℃と言われています。

その水温はもちろんメダカの赤ちゃんが育つにも最適な水温となります。

自然の中でメダカの赤ちゃんが見られるようになるのも暖かくなる春から秋にかけてですのでメダカの赤ちゃんが育つのに水温が重要ということも理解できるはずです。

まだ、夜になると冷え込むような時期には水槽用ヒーターを使用して水温を保ってあげると良いでしょう。

水温とともに大切なものに太陽光があります。

メダカの赤ちゃんは太陽の光を浴びることで成長に必要な栄養を作りますのでしっかり日向ぼっこをさせてあげましょう。

太陽の光に当ててあげることで水温も上がりますので理想的な飼育環境になります。

ただ、真夏には小さな容器や浅い容器でメダカの赤ちゃんを育てていると水温が上がり過ぎてしまうこともあります。

水温が30℃を超えると酸欠などにより死んでしまうこともありますので、そのよう時は遮光や日除けによって温度調整ができるようにしておきましょう。

メダカの稚魚
屋外のメダカ飼育と室内のメダカ飼育どっちがお勧め?メダカの子供・稚魚の育て方

メタガの稚魚を育てるには室内飼育と屋外飼育どちらが育てやすいのか? また、屋内飼育と屋外飼育におけるメダカ飼育のメリット・デメリットも一緒にご紹介いたします。 まずは室内でのメダカの稚魚の育て方と屋外 ...

続きを見る

水温、水質、餌など飼育環境を最適な状態に保ってもメダカの赤ちゃんが食べられてしまうという問題が残っています。

メダカの赤ちゃんは非常に小さく非力ですので多くの生物に狙われてしまいます。

代表的な捕食者はヤゴやボウフラです。

ボウフラは親のメダカにとっては餌となりますが、小さな稚魚にとっては天敵となってしまいます。

また、ある程度赤ちゃんが成長してくると稚魚同士の共食いも起きてしまいますので気をつけなければなりません。

蚊の幼虫ボウフラ
メダカの稚魚がボウフラに食べられる!稚魚水槽のボウフラ対策

メダカの稚魚を隔離して育てていたらボウフラが沸いた。 ボウフラをそのままにしておいても大丈夫? メダカの稚魚は親メダカ同様にボウフラを餌とするの? それともボウフラがメダカの稚魚に何か悪さをする? こ ...

続きを見る

メダカの共食い
メダカの共食いはなぜ起こる?稚魚の共食い?原因と防止

ある日気がつくとメダカの数が減っている。 メダカは共食いをするのか? メダカの稚魚が共食いをする? なぜ共食いが起こるのか? メダカが共食いをする原因は? メダカの共食いを防ぐにはどうしたら良いか? ...

続きを見る

メダカの赤ちゃんの育て方まとめ

  • メダカの赤ちゃんは針子と呼ばれている
  • 針子の時期は2週間から1ヶ月ほど
  • メダカの赤ちゃんは親メダカに食べられてしまうので隔離が必要
  • メダカの赤ちゃんが餌不足にならないように気をつける
  • 水質の悪化もメダカの赤ちゃんが死んでしまう原因の一つ
  • 太陽の光に当ててあげることで日光浴と水温の管理ができる
  • ヤゴやボウフラに気をつける
  • メダカの赤ちゃんが成長すると共食いを起こすこともある

今回はメダカの赤ちゃんの育て方についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

  • この記事を書いた人
マサ

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-針子と稚魚の育て方
-,